2/15〜16 養老渓谷夫婦の旅 続き

2018.02.18
2月16日一夜明けた翌日金曜日朝、チェックアウト10時養老渓谷発10時35分、五井行きで帰る事に決め送迎車見送り依頼。宿前から川底へ下ると粟又の滝、朝食後急傾斜のコンクリ遊歩道下り、河川全面滑底で流れる、四国森の国Hで見た様な流れの滝拝観、上から流れ落ちる滝とは違っていた。

夫婦客1組と相客になり駅まで6〜7km送迎され、定刻隣駅上総中野から昨日の逆コースで、運転手と車掌さんだけの気動車到着、本日は単車両で乗客7〜8名、昨日購入した2日間有効往復キップ¥1700.残り半券で乗車、片道ずつ購入すると¥2500.なので太っ腹割引だよ。昨日は立座で車窓から路面眺め、次回走行してみようと思いを馳せ、本日は座席に座り持参したたんかん食べ過ごす、次第に乗客多くなりキップ車内販売の姫車掌が頻繁に前を通行、沿線二駅だけある有人駅の里見駅と上総牛久駅で、前世紀の遺物の様なタブレット交換を目にする、多分観光のため残してるものとだろうと判断。

鉄道少年だった昔むかし、御殿場線で当時信号所だった足柄で、柱の先に設置された渦巻き状器具に、腕伸ばした助手がタブレットを手投げ、ホーム反対側の器具から腕で受取る作業、走行したままのタブレット交換の光景、子供の目には素晴らしい神業のよう見えたもの、受け渡し交換に失敗すると停車し、機関助手が駆け足で取りに戻るって、鉄道員だった父親から聞かされていた。タブレットは車両通行証なので持たないと進行出来ないが、今は信号技術が進歩しこんな作業は無用の時代。未だ小湊鉄道で残されてるのは観光用と思われる。

現地集合で成田方面へロングランした集合地の袖ヶ浦、木更津で車両乗換浜金谷で下車、港まで歩くとフェリー停船中は間もなく出航、残念魚の美味しい食事処での昼飯時間無し、フェリー乗場まで歩き30分弱待ち13時40分発東京湾フェリーに40分間乗船¥720.で14時20分久里浜港着、バス停に並ぶ人並無視駅目指して歩け歩け、いつも移動は自転車オンリーで距離感気にもせず、今回歩いたら30分歩いて到着せずで思いの外遠かった。

京急で横浜乗換が至近距離は重々承知、早く到着が目的では無く初乗車体験が目的で、乗継ぎルートがもJR久里浜から横須賀線で大船、ひと駅東海道線に乗換て藤沢、私鉄小田急線に乗換町田、街中歩いてJR横浜線に乗継ぎ八王子なので、時間が掛かりますけど俺っち楽しい、付合ってくれた神さんは災難、子供のように目を輝かせ窓外眺める爺さん見て、男は幾つになっても餓鬼と変わらんと思い呆れた様子、でも許して頂戴俺っち神さん大好きよ。

宿で朝飯食べた後車内でたんかん3ヶ食べただけ、昼飯食べる事も無く15時間近くになり、藤沢駅で街中歩き寿司屋探すも見当たらず、結局夕食にありつけたのは八王子駅で下車した17時半過ぎ、駅ビル内のお寿司屋さんでやっとありついた、昼食兼夕食で注文した寿司が美味かった。家まで徒歩15分歩き帰宅となったが、明日土曜Eラン前日なのに足痛くなる始末、でも楽しかったよ神さん有難う、また何処か行こうね。
スポンサーサイト

2/15〜16 養老渓谷夫婦の旅

2018.02.17
自転車に乗れない神と旅を楽しむには、旅行社企画のおまかせ旅か自分で考えた勝手気まま旅、で今回選択したのは気ままな旅で、行先は千葉県養老渓谷の宿に一泊、あまり気乗りしてない神を口説きまして、出掛けて来ましたその往路詳細。

脳内で考えた往路はJR中央線で東京駅、東京からは京葉線に初体験乗車し千葉駅へ向かい、駅前回転寿司銚子丸で昼飯食べ、食事後内房線で五井駅、五井からは小湊鉄道で養老渓谷駅に向い、宿の送迎受け一夜明かした翌朝、再度宿の送迎受け養老渓谷駅へ向かい、前日の逆コースで五井駅まで戻り、内房線に乗継ぎ浜金谷駅に向い、東京湾フェリーに乗換久里浜港、JR久里浜駅からは横須賀線で大船駅へ、ここで東海道線に乗継ぎ隣駅の藤沢、私鉄小田急線に乗換町田駅まで向い、JR横浜線に乗換て我家八王子駅到着する2日間の大周回コース。

心浮き浮き家出て直後携帯電話忘れに気づき、急遽家に戻り入手し駅に向かって歩く神追うも、姿まったく見えず途中駆け足混ぜて追走、やっと遠目に姿確認も悲しいことに駆け足続かず、早足で追掛けるもすぐ疲れ、追付いたのは徒歩15分かかる駅前寸前だったよ。

やっと再会したら何やら雰囲気異様な構内、西国分寺駅で人身事故あり電車遅れてますのアナウンス、ホーム多勢の人で混合い、到着した電車も発駅からすぐなのにもう満員状態、東京行きも立川行に急変更となり、立川駅で全員降車させられホームは超混雑状態、隣ホーム南武線にエスケープ、途中で京王線に乗換新宿駅に出た迄は良かったが、お茶の水駅で大人しく総武線に乗換、千葉へ向かえば何の問題も無かったのに、東京駅から京葉線乗継ぎの初の体験がしたくて、東京駅地下ホーム470m先京葉線ホームのガイド、エスカレータ乗ったり歩け歩けの大行進遠いのよ、やっと念願の京葉線に初乗車できたが、車内で路線図眺めたら千葉駅に行かないよ〜、千葉に行くには終点蘇我駅から、外房線で戻らんと行けないのよ。

戻って飯食べる余裕の時間など無くなり、蘇我駅から内房線に乗換五井駅で下車したら、乗車予定の小湊鉄道13時44分まで、出発まで20分程あるだけJR改札手前で、運賃清算機と小湊鉄道入口あるのは分かったが、改札出てから小湊鉄道入口でキップ購入、入場がしたく小湊鉄道入口探すも、これが見当たらず周辺一周して元戻りよ?何の事無い先程出た改札再入場し、先程通り過ぎた清算口がキップ販売所、JRの改札を無札で通過して、先方にある私鉄小湊鉄道キップ販売所で、購入するという奇妙な構内図にはビックリしたよ。

小湊鉄道五井駅始発13時44分発キハ200型ディーゼル気動車2両連結、終点まで17駅あり養老渓谷は終点手前駅で乗車時間69分、当初30名越す乗客も途中駅で次々降り、養老渓谷駅で俺達2人の他に1名降車したら乗客無人、終点上総中野駅に運転手と車掌さんだけで向かったわ。

駅前に宿の送迎車姿無く、携帯で連絡すべくスイッチONするも、電池残り心配でOFにしてた携帯立上がらず、連絡不能も幸い駅前に停車中の路線バスで¥390/人支払い無事宿到着。宿で充電器借用充電したが、出迎え依頼してたのに出迎え無く、問合せ電話の受信記録も無く、出迎えたが見当たらなかったはウソ、前回自転車の留置きで感じた、感謝の気持ちは消え失せ、この宿の評価急降下再度の利用は無い。連絡お待ちしてたのですが無かったので…これで結構、ウソは遺憾泥棒の始まりだ。

2/7 九州ツアーから帰宅

2018.02.10
今回宿泊した宿は部屋数7ルームだけの小さなBH、いつも宿泊していた鹿児島空港H前R504真逆方向にあり、空港までも近く食品等調達も容易、何よりも素敵なのはオーナーと直接顔合わせでき、あれこれ会話がはずむことで、更にオーナーがずっと以前、西東京の田無市に16年間も在住してたといい、親近感持てる話好きの好人物で、広い食堂内いっぱいに所狭しに貼付けられた新聞記事の切り抜きら、写真ポスターの類いがまた楽しい。ここすっかり気に入ったので次回から、鹿児島空港発着便利用時の定宿に決定。輪行袋に収納した自転車見ると、預かりましょうねと事務所で預かってくれるし、格安料金なのに空港まで送迎の親切さにも感動した。『ビジネスホテル伊佐』CP高く超お勧めです。

特典予約9時45発ANA便搭乗で輪行袋預け、保安手持ち品検査し待合室に向かうと、ボトル中身確認したいですと後方から、係員が追って来て呼び止める、いつも通りの中身これまで問題無しがなぜ?戻り卓上で中身出すと、スプーン、フォーク、栓抜き、缶切り、ナイフ、錐のついた携帯キャンピング用品、これのナイフ部分が持ち込み禁止のよう。これまで何十回も持込んでるのに何で?と一瞬不思議に思ったが理由は直ぐわかった。いつもボトルは自転車に携帯してたのが、今回に限り宿で携帯充電器を使用するため、事務所で預かってくれた輪行袋からボトルだけ取出し、ボトルに保管した充電器を使用、出掛けに輪行袋内に戻すべきを忘れ、手荷物で持込んでしまったからで、理由話してスタッフの見事な慧眼を賞賛してあげた、東京オリンピックもこれなら安心だろうな。

羽田空港では乗客も少なく、機内からバス移動で空港ビルに向かったので、時間が掛かったようで荷物が先着、輪行袋はスタッフに守られてるわ、キャンピング携帯用具は大きな箱に封入、停止したターンテーブル上に鎮座していた、以上とんだ人騒がせな今回の結末でした。

何時ものように天空橋駅までは輪行、多摩川CRからスタート調布橋からもCRを再走、前日メールで約束したマッサージ時間に合わなくなりそうで、途中で30分遅着を告げ帰宅後慌ただしく着替え、ミニベロに乗換タイ姫アパートに直行、7日間の疲労癒してもらい少し楽になった.寒さで首筋肩口の上半身がこりこりだったが、優しいタイ姫しんのオイルマッサージ2時間は夢見る桃源郷だった。

本日走行距離 49.45km 走行時間 2時間27分06秒 AV20.1km 8日間走行距離合計 549km

2/6 鹿児島空港BH

2018.02.10
さつま地方上空1500m気温−9℃、前夜テレビが伝えていたが大雪警報、朝風呂に向かうと外は銀世界。露天風呂楽しみながら、輪行以外方法無いなと観念し、バス停まで送迎頼み空港までリムジンバス輪行と決める。宿泊客は3人組東京のレンタカー移動女性達と俺っちの2組の計4名だけ。食事中賑やかに楽しむ中年女性達の、楽しげな姿目にしたが、同じ東京からと分かったのは、一行が枕崎まで移動すると車に乗り合せ出発した朝方。

1時間に1本のリムジンバス9時20分発に合わせ、9時宿を出発バス停宮之城まで送られ、ドライバーにチップ差出すも受取らず、再度強要するも何としても受取らないので、別な方法考えようと好意を甘受することに。バス停隅にSLが展示されており、この辺も往年鉄道路線が施設されてた事が想像させられ、あれこれ調べたら1987年1月まで川内駅(薩摩川内市)から薩摩大口駅(伊佐市)まで、国鉄宮之城線が66.1kmを20駅で運行されていた事が分かった。

空港行きシャトルバス南国交通のシャトルバス到着するも、ハイデッカー車ではないので、輪行袋床下に収納すること出来ず、車内通路にそのまま留置き乗車、乗客の乗降あると一度車外に出るか、車内奥に詰めるかるの必要あったが、途中5駅の停留所乗降り無く通過、11時05分鹿児島空港に到着、料金¥1110.支払い無事降車。約36kmの乗車時間バスから眺めた窓外、空港近辺は雪無く自転車走行楽に出来る状況に、一度は本日中に帰京を考えたが、当初予定通りの明日帰宅に決め、宿泊BHのチェックイン時間16時半まで、周辺を走行して時間消費する事にし輪行袋の自転車組立て出発。

まずは出発してすぐ昼食でラーメン屋に入る、俺っちラーメン屋に入るのって滅多無いが、腹減ったからで誰しも同じかほぼ満員大繁盛中、味もうまかったので繁忙店のよう。食後空港周辺を大回りしての時間つぶしで過ごそうと、まずr40から走り始め、r55で加治木の表示見て左折上って,下って街中に出るとR10に左折合流、暫く走り渋滞路避けr471へ左折、隼人駅前からR223直行、初日この先嘉例川から下って左折、霧島新燃岳方面へ上った道路の始点から、嘉例川に向かい走行嘉例川で左折するつもりなので、これで鹿児島県内1週間で一回りしたことになる。

今回の旅7泊中の5泊が♨️だったので、気楽の旅になると考えてたら、三十数年ぶりの寒い連日が続き、雨風雪の自然現象に痛みつけられたけど、地震、雷には合わなかったので良しとした。毎年150泊まって全国走り回ってたら、あれこれ遭遇体験しても不思議ではないわな。今年は今のところ動き緩慢で本日泊まりでまだ10泊。

本日走行距離 51.05km

2/5 2度目の紫尾♨️へ

2018.02.09
早朝目覚め戸外を眺めると雪が乱舞し、朝湯を浴びようと日帰り♨️併設の風呂場へ向かう、渡り廊下がめちゃ寒〜いよう。緑色の源泉掛け流し湯でのんびり身体を温め、部屋に戻ってから二度寝はぐっすり、朝8時朝食の呼びベル音で目覚めるまで快眠よ。相変わらず舞ってる雪だが、濡れた地面に着地するやすぐとけ路面に積雪無く、出発時間遅くして小降になってからと思うも、待つより走ってからその場対応で決めようと、軒下止め置きした愛車持ち出して9時20分出発。

宿前のr294を1km程戻ると昨日走ったR270へ出る、右折すると行先さつま串木野の標識、10km弱走るとr37ペンタありここで右折、この先14km伊集院まで走って判断すればと考え、走行続けると雲行き次第に明るくなり、太陽も顔出し更に暫くすると、青空が全天を覆って雨の心配が無くなったので、やれ有難いわとニンマリした。しかし、走る路面に残雪は全く見かけないが、道路隅と畑一面は昨夜の積雪で薄化粧、寒くて往生したが救いは昨日の強風が吹かなかったこと。

伊集院からr37〜r40〜r36と県道走り継ぐはずだったが、r304で新幹線を3度アンダーパスして、r36に合流する図面眺めショートカットになりそうと魅力感じGO!、計画ばっちりで3桁県道楽しく走れ大満足、遠い冒険少年時代を振り返り、俺っち一生全く変わってないなと思った。でも地図では簡単な分岐のよう見えても、ペンタ標識少なく実地体験で極めて難解、バス停ポールの行先表示等読み、方向判断する事もあって結構大変で、今回も経験させられたな。その後r42,r51,R504,r402,R267と巡るましく路線代わり継ぎ、鶴田小学校から紫尾峠への道を上り、集落末端の紫尾♨️へ2度目の訪問となった、今回は前回と別宿でくすのき荘に到着。

この宿加水、加温をせず豊富な源泉100%の掛け流し♨️が素晴らしく、シャワーまで♨️で、全てそのまま飲料出来るという、これまで何処でも体験した事なかったことを、体験出来た素晴らしい宿だった。大量の湯量の掛け流し♨️に浸り、独り浴槽でリラックス気分上々。

夕食後部屋に戻って20時頃神にメールすると、いま鎌倉からの帰り道よの返信あり、遊び呆けてる俺っちと違い年老いても、勉学に勤しむ向上心に、俺っちと違い偉いものだなあと感動。でも自分の事を少し弁解させてもらうと、遊びでも簡単に真似出来るものでは無く、究極の遊びの追求遊びの神髄を学んでる、つもりではあるんですけど…

本日走行距離 89.1km 本日走行時間 5時間07分11秒 AV 17.3km

カテゴリー
最近の記事
過去ログ