FC2ブログ

9/17 旅最終日は諏訪湖

2018.09.21
上田駅前のホテルを9時半出発、昨日の延長R18を高崎方面に進行約5km、大屋信号をR152へ右折し最初の選択技は、23km走行時大和橋での分岐路、右方R142中山道和田峠抜け下諏訪、左方R152大門街道のまま大門峠で白樺湖、迷うこと無く瞬時にR152直行、大門峠直前の姫木平食事処インするも、履物脱ぐ店なので嫌気して辞退、昼食をあきらめ走り再開すぐ1441mの大門峠、ここで2度目の選択技はr40ビーナスライン走って、上諏訪に向かうかR152そのまま走り茅野に下るか、ここは少考ビーナスラインへ右折、路面標識1800m越えてさらに上り頂上霧ケ峰高原、大門峠から400mほど上ったので結構大変だったのも納得。

r40は霧ヶ峰からは下り路面になり、路面狭く急傾斜で終始ブレーキング、走行車両が少なかったのは幸いだったが、指先疲れ切った頃上諏訪でR20に合流、ホッとして逆走諏訪湖畔に14時20分到着、まずは昼飯食べどころ探しながら走り、うな藤看板目に入り財布の中身調べると、野口英世4枚に数枚の硬貨を収納、まあ大丈夫だろとにんまりインしてメニュー眺め、上うな重¥3800.税別でも大丈夫だなと確認し注文、歯ごたえあり過ぎの蒲焼が1匹半、御飯と別重で現れビックリしたよ。俺っち貧乏人は御飯に蒲焼のノーマルが好き、庶民が食べるうな重はこれが定番。支払総額¥4104.で¥6釣り銭頂き満足の昼飯だった。

湖畔のんびり宿探しながら走ると、温泉街の外れに源泉掛け流しの宿湖泉荘あり、場所確認できたので明日の最終日は輪行なので、上諏訪駅まで乗車券購入で向かうも、我が家八王子まで201km以上の割引が適用外、立川でも不足で新宿まで行き先延長、切符購入してから再度宿に戻って、輪行袋に自転車詰め持ち込みチェックインすると、フロントが預かってくれたので助かった。

本日距離は走ってないが登坂路だったので、疲れは並みではなかったが、6Fの展望大浴場で疲れを癒した。翌朝上諏訪駅ではなく、諏訪湖一周走り茅野駅から11時36分の特急あずさに乗車、輪行帰宅して今回の8泊9日の旅は終了した。

本日走行距離 71.95km 本日走行時間 4時間48分53秒 AV 14.9km 9日間総走行距離 667kmでした。











スポンサーサイト

9/16 上田駅前BH

2018.09.21
8時少し前に目覚め熟睡で9時半までオープンしてる、朝食会場に向かうと3連休中日で本日も混雑、小さな子供逹の声があちこちから聞こえ、15日長野で何かのイベントがあったわけではなく、単に3連休中日で家族旅行が沢山加わり、各ホテル満室となった感じ、フルーツ中心で小さなパン2切れだけ食べ早々と退席。

隣町上田市まで僅か40kmに満たず、走行距離距離短いので付近散策目的で走行、長野大橋で千曲川を渡る日本海まで222kmの表示、次いで市立博物館あり眺めるも興味湧かずパス、手打ちそば処横綱で昼食と思うも、ちょうど昼時満席で断念隣店で干しあんず¥600.買い食べながら小休止。

R18北国街道に戻って走行し次見かけたそば屋にイン、信濃屋看板一茶の里のそば粉しか使いません、見てここがよかろうとイン、客人3組のみ余裕で入れ十割蕎麦エビ天ざる¥1771.食すも納得できる味では無かった。その後R18走り続けるも見どころ無しで上田市内、うなぎ看板に一度通り過ぎた道路戻るも、食べさせるうなぎ屋ではなく、うなぎ卸問屋のようだった。

R18を下った駅近くにある大きなホテル15時過ぎ到着、スーツケース転がした駅からの客、乗用車の客が次々到着するので、自転車収納してホテルにインするとフロント前は長蛇の列、いっとき待ってからだなと判断、ロビーにあるPCで地図広げ時間つぶし。部屋に向かうとベッドは大きく、机が大きなTVを視聴し易い位置にあり、おしゃれな造作になってるのに感心。出会う予定だったコンピューター宏君から、連絡無くサイドの発信は迷惑かと考え、ひと眠りしてからインショップの食堂で独りで食事済ませた。

遅くになってからコンピューター来所、カバンの中に入れた携帯の着信に気づかなかっただけ、何かあったわけではなく良かった、夕食済ませた直後だったのでホテルロビーで、時間の経過も忘れ延々話し込み、旧交を温め合った次は彼の地元上山田♨️に泊まるわ。別れ際に気づいたホテルのカウンター壁面、全面が組子で信州風物を表現した豪華なもので、地元の
組子職人魂の技術に敬服。大川で組子あれこれを見たことあるがスケールが違うのに仰天した。

本日走行距離 41.45km 走行時間 2時間34分48秒 AV 16.0km

9/15 長野市内へ

2018.09.20
朝から雨降り続くも昼頃から回復する予報なので、チェックアウトまで滞在して出発と決めたので、結局昨日2回本日も2回の合計4回♨️入浴を楽しめた。さほどひどい降りではないが、10時雨の中を出発信濃川渡るとR117昨日の延長、森宮野原で長野県入り,早速コンビニで分県map長野県¥1080.入手。レインズボン欲しかったがポンチョしかなく、ポンチョ¥540.買うも、ゴアのレインウエアと併着は暑く往生、ポンチョは裾が広がり役たたづに途中で脱ぎ、濡れてる地蔵さんに着せ廃棄。

津南の宿出てから長野へ向かうR117、大きなアップダウンの繰り返しで、年老いた俺っちに半端なく大変で、ずっと以前ここを山ノ内の中学生達と、走ったことが思い浮かび感動した、皆スキー部員で自転車部員ではないのに、先頭力走する幸也に続き綺麗に一列縦隊走る姿を、最後尾から眺めどこかの高校自転車部員達と走ってると錯覚した程、俺っち津南からでバテバテ走行なのに、あの時山ノ内から林道越え切明♨️から秋山郷越え、R117を走行山ノ内まで130kmを驚きの完走、当時の状況を再度確かめたく我がブログ読み直したら、2012年8月夏休みで俺っち77歳の時、若い勇気に元気をもらい翌々日八王子の我が家まで、270km末脚なくすこと無く完走が自分史に燦然と輝いてる。ありがとうな伴走した諸君、あの時君達が頑張った姿は、爺の脳裏から永久に消える事はないよ。

連日の疲労が残り本日体調いまいちで長野までが超大変だった、飯山手前の道の駅千曲川で小休止、連休初日で混み合ってるので、ベンチで昼食がわりにお焼き2け食べる。飯山先で千曲川左右に分岐する路面、右手飯山線沿いR117へ進入替佐、上今井、立ケ花と何度か走った路面が続く、信濃浅野で右手からR18が進入重複路になり、長野駅前へ向かい駅近辺を徘徊してドーミインH到着。

階上の大浴場♨️入浴中に洗濯と思ったら使用中、終わるを待って洗濯終了部屋干し後、晩食たべに街中歩き小さなイタリアンレストランでスパゲティ、ホテルに戻るとテレビが明日も午前中天気悪い予報流したしたので、ホテルのチェックアウト11時と遅いので、移動先が40kmと近い事もあり、時間まで滞在して出発遅くすれば、被害少なくてすむだろうと皮算用。小腹空いた夜半このホテル名物、無料サービス夜鳴きそば食べるため、21時半まで眠らず待って食べ満足した。

本日走行距離 114.8km その他データーは消失。













長の宿泊が善光寺宿坊からドーミイン Hに

9/14 津南町しなの荘

2018.09.19
燕三条駅前店コンフォートH出発で旅前半を終了、後半の4泊残すだけになった。本日の移動先は同じ新潟県中魚沼郡津南町、昨夜疲労してたので早寝したから、目覚めも早く5時半起床6時開始の朝食会場、向かうと早くも結構な賑わいで、更に続々と人が集まるを見て、急ぎ朝食すませ部屋に戻ってから、輪行袋から自転車取り出し清掃、チェン掃除するも油よく回ってるを見て、注油は次回送りとし輪行袋に再収納した。

長野県ライトマップル入手希望も、長野県下のコンビニでないと在庫しておらず、明日長野県下森ノ宮街中までは無理で断念。本日の宿は津南町で三条駅前通る、R18を高崎方面へ向かい長岡で、R8は右折するが R17そのまま直行走行、小千谷で信濃川を渡りR17は再度信濃川を渡り返すので、信濃川を渡らないR117に分岐右折が本来のコースだった。と判明したのは、翌日map手にしてからで、走っていた当日はR17のまま再度信濃川を渡り、TN二つ抜け道の駅ちぢみの里おぢやインとなった。というのは道の駅標識見て小休止を希望し、43km走行10時半ドリンクは午後の紅茶¥130.

再走直ぐの木津信号でR351に右折信濃川を渡りR117、以降津南まで信濃川とJR飯山線沿いを走行で地図不要。左に向かったR17は昨日話に出た枝折峠へ分岐する小出に、浦佐、湯沢、猿ヶ京、沼田、前橋、大宮と何度も走ってるお馴染み街道、R117は飯山線と信濃川沿いで、信濃川は長野県では千曲川と呼称されて、誰しも島崎藤村を思い出すという寸法。

越後岩沢駅が左手に見えたので進入、しょぼい駅舎に入り眺めると上下1日10便の発着、朝方9時前後から13時前後までの間、全く便がなく昼間は乗客が居ない事を示してる。ちょうど昼時R117に戻り寿司店で限定5食のランチ¥1500.食す。12時40分走行70km十日町でも駅舎見学、駅前のイラスト地図眺め、信濃川渡った対岸のr49走って津南に出ることに。

立ち寄った津南駅内で観光ガイドから、宿の場所記載された地図頂き15時半到着、まだ客人誰も居らず源泉掛け流し♨️を独り占め、この宿24時間入浴可しかも洗濯機も借用でき有難かった。更に夕食の食べ物すべてが抜群の味、全ての皿が絶品で残り汁すすったほど、これまで滞在した数多くの宿のベスト、或いは俺っち好みにぴったしだったのか、他人の評価も必要だが再訪したい宿と感じた。

19時頃長野のドーミインHから、本日の宿泊問合せ電話あり、重複予約が判明したが幸運にも、1部屋空きがあり明日に振替可能と対応してくれたので、宿泊予約していた長野善光寺宿坊を半額¥11880.支払いで電話でキャンセル。


本日走行距離 99.64km 本日走行時間 5時間21分40秒 AV 18.5km








9/13 燕三条駅前BHへ

2018.09.19
5時半から朝風呂オープン6時前に入浴、泊まり客他に誰もおらず風呂は毎回貸切り状態、気ままに楽しみ部屋に戻り外眺めると雨降り、それでも行き先新潟方面の空が明るいので、時間経過すれば上がる様な雰囲気に安堵。

早くに目覚めたので出発も早くなり、8時半俺っちとしては早いスタートで宿を出る、国道7号線を横断した先のr3走行するつもりで、昨日の続きR117を走行してると対向車線に、見慣れたジャージの新発田自衛隊現れ、本日も先導してくれる様子に、R290を左折分岐する彼に全てを任し、本日も終始追尾することに方針を変更。

R290走行するも終始狭い道路、県道やら農道に分岐走行しては、本道R290に戻る走りは、俺っち独りでは決して体験出来ない走りで、国道嫌いの俺っちとしては楽しい限り、最高のガイドだったが100km走行しても、行き先に燕三条名の表示を目にすること無く、後どれ程走行するのか皆目分からず、やや不安覚えた頃彼の知合い宅へイン、予約してたアイス食べに立寄って小休止。

ここの宅の主2年ほど前からサイクリングを始め、風を感じる快感にのめり込み、息子からかみさんまで一家全員が熱中、しおり峠イベントの話が出たりするので、俺っちもしおり峠は数回走った経験あり、話が興味深く時間の経過をわすれた程。主から頂いた名刺の住所が三条市だったので、本日の宿と同じ市内かとホット一安心、新発田自衛隊も以前東北で待合せた時の地理感とは段違、地元の道路状況詳細にガイドする能力は抜群で完全に見直した。

燕三条駅前Hまで案内してくれてから、自宅新発田市まで戻るは遅くなるだろうと気にしてたら、19時半到着した一報届き安心、入浴して汗流してから晩飯食べにホテル近辺徘徊するも、居酒屋兼業で食べ処では無く、駅舎内のコンビニで残り物弁当¥900.と梨¥200.を購入、ホテルへ戻り侘しく食したけど。本来ならAV23km超えで120kmの長距離を完走したお祝いで、自分にご褒美の美食をしたかったが叶わずが残念だった。

食事終えると眠気に襲われ早寝、夜半23時過ぎ一度目覚め暫くテレビ眺め、0時過ぎ再度眠りに就き、疲れたのでぐっすり快眠した。本日も楽天ポイント支払で現金¥600.のみを支払った。

本日走行距離 120.23km 走行時間 5時間12分01秒 AV 23.1km



カテゴリー
最近の記事
過去ログ