8/2〜16 石和CH滞在前半

2017.08.17
8月2日曇天雨降りそうな天気模様の日、暑い夏8月中を石和別宅で過ごす予定で家から自走、JR高尾駅過ぎ大垂水峠に向うとポツリ雨滴舞い落ち、これは峠越え相模湖から輪行だなと思いながら走る。5kmの上り道頂上目指し走るも、次第に雨足強まり頂上到達した下り路面、濡れた路面から水滴巻き上げるので雨合羽着用、ゆっくり下り相模湖駅から輪行、冷房車内合羽着たまま1時間乗車、石和温泉駅で降りると幸い雨降っておらず、河内別宅まで5km多喜口で昼食たべ自走別宅到着。

昨年末から閉じたままの窓開け放し、新鮮な空気と入れ替え舞込んでた埃芥の掃除、庭の雑草取りと普段やった事無い作業は疲れる、夕暮れになり4km先の日帰り温泉施設瑰泉♨️まで、ミニベロで往復温泉で疲れ癒した。会員券で入場料¥1750の支払、本日10回目で無料ですとまずは幸先良し、雨降って地固まるかと初日目終了。

2日目はr36鳥坂峠の急坂越え芦川回り迂回せず、右左口TN抜けへろへろで帰り夕方連日の♨️とマッサージで疲労癒した。
3日目は雁坂道を三富目指し走るも、脇道向うつもりが道取り違い激坂林道に入り込み、三富に6.5km地点ゲート封鎖あり全面通行止め、仕方なく下まで戻って雁坂道の上り直し、道の駅牧丘で肉うどん食べ脚力消耗に引返し、本日上りも大変だったが長い下り道にも往生、よくぞこんな道上ったものよと、自分を感心しながら下ったよ。
4日目はクラブの仲間達が甲府駅広場に集結、姫様4名と侍7名を甲斐青ちゃん先導で、御岳昇仙峡を韮崎側から攻略、ほうとう昼飯食べてのち、昇仙峡見学じっくり見学3日連続の山岳コース疲れて帰宅後洗濯すませ♨️行き。
翌5〜6日目は坂に向わず周辺散走だけで時間余り、掃除と洗濯に忙しく活躍。
7日目またまた境川からr308を林道に入り込み、鶯宿峠越え鶯宿からr36市川三郷回りで帰宅は結構きつかった。
8日目は下部温泉一泊の旅、予約してた宿は下部温泉入口の線路脇、どの車両も乗客極少の車内眺め、片道輪行で足伸ばす走りも計画出来と思いを馳せた。
9日目宿からの帰り往路と別道考えると、昔合宿した釜額に寄道して本栖湖回り、頭よぎったがきつい上り勾配嫌い、結局一部往路の逆コース走行になってしまった。
10日目は南アルプス日帰り♨️天笑閣汗まみれで入浴、汗濡れ下着は水洗いしてそのまま着たが、最初冷たかったが慣れると快適だった。
11日目は勝沼ぶどう園へ立寄りひと休み、丘陵地帯走り回って帰ってから、笛吹市内の日帰り♨️親子連れでめちゃ混みで、洗い場満席浴槽いも洗い状態だった。
12日目途中めちゃ降られ、暑い夏濡れても気にせず走り帰宅したら、表に干した大物洗濯物ずぶ濡れ二度洗いになったが、それより大変だったのは自転車の掃除だった。
13〜14日目雨で掃除考えると、走るに嫌気お休み暇なので入念な部屋掃除、毎日のように1日2回洗濯してると、干し方も日当り風通りバランス考え達人、TVはNHK以外地元民放2局しか受信出来ず、PCはネットに接続出来ず、高校野球も興味なく、自転車乗れないと暇持て余し、簡易ベッドは寝過ぎで腰に痛み感じ、食べ物選択余地無く疲労もピークの感じ。
15日目明日も雨予報に一時家に帰る気になり、雨の中ミニベロ雨合羽で石和駅から各停で帰宅、昨夜半月ぶりベッドで睡眠は快適だった。
スポンサーサイト

7/26 北海道が呼んでるよ

2017.07.26
札幌に転勤したイトマン署長から、広い住居に単身赴で貸布団のレンタルで泊まれると誘いあり、日程空いてる9月11〜13日まで滞在して、16日帰京でチケット本日ゲットした。期間中同行出来る方居りましたら、北の国を一緒に楽しみませんか、俺っち旅詳細は9月11日羽田発正午の便で新千歳到着13時35分ANA063便、11日〜13日まで札幌に滞在その後、14日からR230自走定山渓〜中山峠〜R276〜広島峠〜R453〜r2〜登別〜白老♨️〜千歳新空港のコースを走り抜け、帰路の昼間便満席なので21:25発ANA084便を予約帰京する予定。14日北湯沢♨️15日白老♨️に泊まり、16日も帰京便まで時間あるので途中立寄り湯楽しみ、後半は♨️満喫して旅疲れ癒す日程を計画してる。

8月は1日から笛吹市石和別宅へ自走で向い、月末までほぼ1ヶ月朝夕涼しい石和宅に滞在、真昼は近場の自走楽しみ夜は近くの♨️通いで静養、9月からの走る体力養って再び全国徘徊、8月9日のみ身延山奥西山♨️で一泊する予定で♨️宿確保。

夏休み以降びっしり確定してる予定は以下、8月28日秋田市内〜29日花巻市〜30日一関市〜31日瀬見♨️〜9月1日天童市の5泊6日は現在帰りのチケットキャンセル待ち、もしゲット出来なかったら新幹線か更に自走続ける。同じく9月27日JAL山形空港から長井市〜28日浦磐梯湯平山♨️〜29日郡山市〜30日いわき市〜10月1日西郷村〜2日宇都宮市〜3日太田市〜4日に自走帰宅予定。この9月最初と最後の間に北海道ツアーを挟んだわけ。

10月は16日宮崎空港へANA609便で向い青島泊まり〜17日綾町〜18日湯前〜19日五家荘〜20日々〜21日椎葉村へ山越えできるか挑戦〜22日高千穂町〜23日別府♨️〜24日大分空港796便14時羽田で自走帰宅。11月は7日〜10日まで奄美大島訪問予定で、宿泊予約は決定したものの、航空券がまだ未発売で入手していないため変更もあるかも。

壊れた携帯ポンプ新しい軽量カーボン製を入手、リュックに持参もでき便利で残るは使用感だが、パンクしてくれないのが最高。新しい物手に入るとすぐ使用したくなるのは餓鬼と同じじゃん。老いると童心に帰るっていうのも納得できるわ。

北海道への同行者と石和別宅夏休み訪問者を歓迎します。北海道のイトマンから滞在中休暇とり、付合ってくれる連絡が届いてますので宜しく。家の周りだけ走って満足せず、皆で北から南へ輪の旅を広げよう

7/22 木曽飛騨の旅を終え

2017.07.24
5泊の旅終えた本日は松本駅前ホテルから輪行直行で帰宅の日。自宅八王子と松本間は100回近く走ってるかと思う、二度三度でも同じ場所走るは性に合わないので、この暑さの中を延々200km自宅まで走るは賢人?のやる事では無いと決めつけ、旅立ち前からジパング割引乗車券を購入、1時間間隔で発車する特急に乗車2時間、車内立ちんぼ輪行の旅は八王子駅到着で降車、自宅まで1.3km自走して終了となる。

チェックアウト時ホテルに貸し自転車あるに気付き、フロントに聞くと空気入れ用意あり、即刻借用しエアー充填自走できる状態にしたので、八王子駅降車後自転車組立て即行で自走できる。朝食バイキング食べ終え9時54分発あずさ12号に乗車予定通り12時過ぎ到着。いつも通り最後部指定席車両のデッキ乗車、立ち座のま車内販売のアイスクリーム食べ、車窓から過ぎ行く後方、走馬灯の横景色眺めながら2時間の腰伸ばしとひねり、これ年老いても走り続ける秘訣のひとつと考えてる。

今回の旅は中央線往復輪行する上松、高山、松本の3泊4日コースで計画準備してたところ、直前で見たTV番組三宅裕司のふるさと探訪で、新城の餃子屋ミンと湯谷温泉訪ねたくなり、湯谷温泉と恵那の2泊を追加し、追加分のコース詳細をアバウトのまま出発、道間違えに端を発しカメラ落として破損、トンネル内でパンクと災難相次ぎ、きつい坂道の連続もめげない爺の本領発揮、いつも自慢ばかりとお気に召さん向きもあると思うが、ゴーイングマイウエイが我が性格、人様がなんと思うも、俺っち勝手気ままが大好き信条、気に入らなかったらブログ覗かないのがベスト、同好者だけついてくれればそれで良し。

TN内でパンク光源が暗かったけど昼間で暗黒では無かったが、小6学童期夏休み真夜中の体験、駿河小山と山北間の御殿場線暗黒のTN内、レールの間を徒歩で歩き通した経験あり、その時TN内は真っ暗闇で方向全く分からず、線路に躓いては転ぶ繰返しで、翌朝両足擦り傷だらけだったな、一晩中掛かって20km歩き通した根性気力は、俺っち大和魂の持ち主と信じている。

最終列車で寝込んでしまい、ただ夢中で家に帰ろうとしただけだったのに、翌日近所の大人達に偉い々と褒められ、子供心に誰でもできる事なのにと不思議に思った。何度も書込むがこれ俺っちのがんばり原点のような気がする。詳細を伯母から聞かされた親父、お前だからできた偉いぞと褒められた。そう小1になったばかりの夏休み、八王子から親父の郷里山北まで、横浜線、小田急線、御殿場線と乗継ぎ4時間掛けて俺っち1人で行かせた親父は、俺を良く分かってたのだと思う。鉄道大好き歩く事大好き、怖いもの知らずだったのが役立った。

80歳を越えて2年目まだ気力衰えず、強靭な足腰で炎天下の夏でも、寒い冬でも遊び回って人生謳歌、半世紀を越え仲良く生活してる老妻に、大好きだよって♥️マークの若者顔負けメール送り、同意の返信貰っては元気倍増、素晴らしい人生送れてる幸せに感謝している。

7/21 トンネル内で

2017.07.24
このところ連日自転車留置き預けで朝の出発が楽々で本日も同じく9時発。平湯までのR158上り勾配35km、連日の山越えで脚力消耗したか速度上がらず、安房峠への上り8%標識あるゲート前で正午になってしまった。それでも出発時間早かったので想定時間内で気楽に走れた。

ゲート前から暫く樹木に覆われた路面続いて、楽走できたがすぐに日当り路面走行に戻りがっくり、天国への階段は知らんが、地球上の坂はすべて終わりが必ずあるので、どれほど長い坂道でもいずれ下り道になるはず、と念じ走ってると頂上1790mで長野県と松本市の二つの看板目にすると、狭い道は急な下り坂に転じ、ブレーキング減速で手指が痛くなる。ヘアーピンカーブの連続する旧道は、新道TN開通前は峠越えに8時間も費やした時もあり、トンネル開通で5分で通過はあまりの隔世の感。幼児の頃お月さまに兎が住むと聞かされ、今や月往復は宇宙技術の初歩でなんでも無い事柄、日進月歩の速度がとんでもない。

長足の進歩を遂げてる分野がありながら、自然現象には無抵抗かのように各地で災害発生、九州福岡地域で大雨洪水被害が伝えられてたら、今度は秋田地方でも同じ被害発生、山中走ってると河川の水量の多さに、この水どこから流れ出てるのだろうか?と頭をひねる事しばしばあり、豊富な水流れる国土は素晴らしいと感動してるけど、雨降り続くと洪水の被害発生で悲しい現実見せつけられ、言葉を失う事の繰返し何とかならないものかね。

話題横道にそれたがマイカー規制の上高地への信号右折、相次ぐTN走行中前輪穴ぼこに落込みスローパンク、灯り乏しいTN内で修復作業が困難で、自転車牽引出口まで歩き修復作業続行試みるも、最終的にポンプが壊れエアー充填出来ず、対向走る空車タクシー止め、新島々駅まで輪行¥8100.の予定外の失費もカード払いで解決。

電車に乗換える待ち時間昼食食べに立寄った駅隣のギャラリー併設のカフェ、プレイエル店内にピアノ2台設置され、展示された絵画見て趣味性強いお店だなと思い、女史店主とあれこれ喋るや図星、元気爺俺っちから元気パワー頂いたと喜ばれた、母親の介護とお仕事の両立は大変かと思うが、頑張れば必ず道は開かれる力強く進むがベスト。エールおくり美味しい紅茶パック、神と2人分プレゼントされた好意は忘れないよ。

改札で駅員に自転車用ポンプ置いてると聞くと、置いてませんと答えたので、自転車に優しい路線ならぜひポンプも設置して、と伝え14;04発電車で30分乗車松本到着。うっかり東口(表側)に降車してしまい、駅脇道路を転がし歩いてホテルACTY、このHもコインランドリー設置無く手洗い、今回の旅5泊中3泊が洗濯爺さんよ、1泊は街中店舗だったが選択は自分でしたので自己責任。
走行距離51.51km 走行時間4時間03分24秒 AV13.9km かくして82歳時5泊が終了した。

7/20 飛騨高山入り

2017.07.23
本日の宿も自転車そのまま玄関内に留置、だったので朝の出発楽々の9時。コースは国道361か開田高原で国道に合流する県道20、でそこに至るまで最悪国道19号を避け歩道走行、宿出て19号最初の信号左折するとr20、ラッキーとニンマリするも直ぐ先峠道が始まり、遠目に黒いTN開口部見え前途多難かもと足止り、国道走ろうと趣旨替え19号には戻らず、木曽福島街中走り抜けR361へ進入。

R361も上り勾配続くも、道路幅広く交通量少なく走り易く、日陰皆無も反対車線に時折日陰あるので、車の通行少ないので逆走で対応ごめんな。暑いので自販機でドリンク希望も¥10硬貨数枚と万札だけで何ともならず、〒局発見はコロンブスの大陸発見に匹敵、すぐドリンク助かった。長い坂道は延々と続きTNも次々現れたが、TN内は涼しいので有難かったが長いTN内部、雨降り状態の様な漏水で尻に水滴巻上げは不快だった。

道標で高山まで96kmとあり半分の48kmを、正午まで走破したいと考え走るも、速度一向に上がらず一桁のままだった、それでも正午48kmを何とか達成。65km走った道の駅飛騨たかね工房でドリンク休憩してると、俺っちを途中で追抜いた中年バイク二人連れ、何故か俺っちに遅れ到着すると、何処から何処へ向うのかなど話し掛けてきたけど、咳き込み咽せても煙草吸い続けるので敬遠、自分で吸って自分で咽せてどうするのよ、それって煙草止めろと言う警告だぜ、バイクから自転車に乗換えれば、無煙人間に変われ別な人生送れるかもよ。

煙草の煙でめし食べる気も失せ即行で出発、下り勾配もありペース上げたので、再度バイクコンビに追付かれる事無く高山駅前到着14時10分、まずは宿泊宿の場所確認終え、駅近の前回食べた食事処にインしたが、前回美味しかった日替わりランチ売切、カレーライス¥700.にカルピス¥350.とアイスクリーム¥450.注文。ゆっくり食事してホテルへ向うも、チェックインタイムに20分早かったが問題なく、自転車は店内留置き案内され、部屋は点灯冷房電源もONで快適、冷えたウーロン茶500mボトルにお手拭きが机上にあり、湯沸かしポットもONでティパックも3包に茶菓子、至れり尽くせりで店主のお客さんへの思いやりが伝わり感動させられた。

残念だったのなコインランドリー無く、毎中歩き〒局隣まで歩き利用したが、活気ある街中歩き見学でき良かった。洗濯終えHに戻り部屋干し後6Fの温泉に入浴、疲労から昼寝目覚めたら19時回り、食事外出したら食事店皆閉店居酒屋さんと辛うじてラーメン店だけ、仕方なく¥700.ラーメン食べるも空腹感収まらず、コンビニでサンドイッチ¥298.バナナ¥108.石窯バケット¥320.の追加購入、ホテルへ戻り全部食べやっと落着いた。
ホテルACTY(アクティ)¥6300,朝食付。爺のお勧めホテルです。
本日走行距離 93.95km 走行時間 4時間40分54秒 AV20.0km
カテゴリー
最近の記事
過去ログ