12/7 境港へ

2016.12.07
朝9時半部屋で濡れた自転車清掃しながら組立て、そのままEVで階下に降りてチェックアウト、外へ出ると頭の上方だけぽっかり青空、周辺四方八方は厚い雲で覆われ、走る方向出雲大社方面は暗雲に覆われ、出雲大社脇から日本海側に沿岸走行する予定を大幅変更、R431宍道湖周辺走り最短距離で松江へ向かうことにした。出雲大社へ向かうのもR9からR431へ大回りせず、r28直行してのショートカット途中、島根県立浜山公園に立寄り園内見て回る、子供の喜ぶ遊具満載の広い公園眺め、都会周辺では全く体験させることできない自然環境、素晴らしさに圧倒され感動した。

R431に出て左折すると3km先が出雲大社だが、空模様があまりにも悪すぎ松江方面へ右折、島根ワイナリーを右手に眺め通過バス停ポール、おにぎり標識、空模様、門構えの豪華な屋敷等撮り、熊見谷で天平古道入口看板眺めるも残念寄り道出来んわ。有名な一畑電車大社線と路面が隣接し始める最初の駅#7美談(みだみ)駅名看板撮り、数台留置きの自転車置き場の屋根下、サイクルマークの飾付けが可愛いらしい。一畑口で電車道と道路が入替わり、路面左が線路右が宍道湖になり、ちょうど昼時中華レストラン翠苑のパンダマークに誘われイン、店内から宍道湖が一望に眺められ気持ちよし、でも酢豚定食¥1260.お味はいかさなかったな。

#15津ノ森駅で停車駅舎は真新しくきれいだったが、ホームの建物は古いまま、#18秋鹿町(あいかまち)道の駅に立寄る、ここ寄るのは2回目近代的建物、物販とレストランコーナーは2階片隅コーナーだけ、肩身狭い間借り人の感じ受け愛想よく応対してるスタッフが気の毒。広い空間ある憩いの部屋で1人がTVも1人がソファで寝てた、2両連結パタ電が行き交うをキャッチ、最初ホワイトカラー赤ライン車、次ぎ見た逆方向はオレンジカラー白帯でこの間13分、俺っち走った距離メーター36km地点13時10分松江市内で14時、大根島通り抜け境港目指すので、街中でr260探し中松江城の堀中で、寒いのに魚獲り作業中、問うたら外来種排除作業とかで初の試みだと。

r260結構な山道で広域農道のようなアップダウン続き、大根島が見える浜辺に出る、左右いずれに向かっても境港に行けるが、左方はR431に接続一度走ってるコースなので、今回は初の大根島、江島を海中道路で抜ける美穂関八束松江線、江島から江島大橋渡って境港到着したが、江島大橋も境水道大橋に負けない凄い高所を渡るぜ。バッテリ無くなり写真1枚も撮れず残念、もしかして、また次来なさいという事?

スポンサーサイト

12/6 出雲市へ

2016.12.06
9時半チェックアウトすませまず最初に、道路渡った直前のスーパードラックひまわりで買物、家から持参した薬使い切ってしまったので、痔の軟膏と座薬の購入¥2116.は手持ち現金無くカード払い、月曜日になったのでどこぞの郵便局でまずキャッシュ調達が急務だな。

ロビーでネット掛け預かってくれた輪行袋受取り、ホテル外で組立てたが北風強烈、気温は10℃で寒いし大変だったな。晴れてはいるものの進行方向に雲がもくもくの状態は、中国山地を越えるので無事にはすみそうもない予感。ホテル前の国道左方向に走ると、昨日走ってきたR54に突き当り飯南、松枝方面に右折なので昨日の走りの続きの感じ、違うのは寒いのと強い向かい風受けたこと。この道路R54とR184の重複道路、松江まで106km雲南75kmの案内標識下通過。道の駅ゆめらんど布野でトイレ休憩11時気温9℃、完全な曇り空になり、回復望み薄い状況になってしまった。各地の定点カメラの道路情報見てたら、水滴飛ばしながら走る雲南町の様子が流れ、合羽が必要早くコンビニに出会うこと祈りながら出発。

有難いのは昨日と違って交通量激減し、道幅も広く天気さえ良ければ、楽しく走れたろうに残念だなと思いつつ走ると、顔に当たる雨滴のばらつき激しくなり、路面も濡れて水滴巻き上げる状態になり、とりあえずバス停小屋に逃げ込み小休止。赤名峠554mトンネルが県境で島根県入り、再走二度目の雨宿りは栗屋谷バス停、ウインドブレーカー結構濡れて限界、コンビニで合羽入手すべく小雨時見て下り勾配激走、13時飯南町ローソンで合羽ゲット¥1200.、肉まん、おにぎり、おでん、午後の紅茶で腹ごしらえ¥742.俺っちにしては食べ過ぎ、店内テーブルでゆっくり食べ終え、上下合羽に着替え出発。下り勾配気温5℃も合羽が保温の役目はたして寒くなし。

次二度目は頓原道の駅で14:11三度目道の駅は掛け合いの里15:10、ここが道の駅発祥の地らしい。雨上がるも合羽の保温性能気に入りそのまま着用、三刀屋大橋でトイレ休憩後斐伊川沿いのr26出雲三刀屋線、下流出雲に向かい20km余りの距離16:12~16:50まで、本日一番の力走し暗くなってから、駅前の宿α1ホテルに無事到着した。このホテル遠方から確認しやすく助かる。
本日のデーターは走行距離94.38km 19.9AVR 4:44:39 4日間走行は初日56km 2日目16km 3日目75km 4日目94km 合計241km ラスト力走したからなのか腹が減り、ホテルインショップで夕食上すし8貫、割り子そば3枚で¥3010.食べ、コンビニへ向かいサンドイッチとピーナッツ揚げに天然水購入、部屋に戻りお茶飲むとは、我ながら恐れ入ったよ。

12/5 三次へ

2016.12.05
一度目真夜中0時二度目2時に目覚め30分程テレビ、そのあとまた眠って三度目がまだ6時、そのまま目覚めると早すぎると、も一度眠ったら8時と頃良い時間目を覚まし起床。ベッドが眠りやすく何よりもピュロー枕が気に入った、8時半無料朝食会場に向かい軽く朝食食べる。9時半チェックアウトフロント前に預けた、輪行袋に自転車ホテル前で組み立て出発。

ホテル前が国道54交差点信号機直前で、道路表示板行き先三次の文字がくっきり、そうなんです実は三次は広島から国道一本で行ける場所でも、国道一本で走るのは何の変哲もなく面白味無い、で別な道は無いかと考えr37走って、三次直前で国道54に合流するルート、家出るときはこのコースで向かうことに決めてたのよ。ところが昨夜PCルートマップ眺め、最初の20km程県道70を走って、上深川町で県道37に合流するショートカット路に気付き当日コース変更。広島市内に路面標識ヘキサまったく無く、途中道路見失い広島女学院大の急坂に迷う迷走の後、何とか70号に戻れ以後間違うことなくr37に合流できたが、何故かr70ヘキサ路上に一本も設置されてなかったので、行き先表板の路線に示された、路面表示の70だけが頼りだった。r37には多数設置されてたので、安心し気楽に走行出来た。

r37(広島三次線)はJR芸備線と常に並走してるので、輪行逃避が容易でトラぶっても困らない。しかし国道走行避けたのにr37通行車両めちゃ多く、大型車が俺っち抜きにくい場面も感じたので、比較的に歩道走行が容易な場所は退避走行を続けた。正午を回り混み合うラーメン屋前通ると、突然空腹感覚えた。田舎の道路は開業店に立ち寄らんと、そのまま食いはぐれてしまうので、次の店で昼食と決めて走行すると、喫茶とお食事の店えぷろんありピットイン。相客4名が食事中で俺っち注文後単身、二人組が相次いで入店¥700.日替わりランチ食し、食事後駐車場歩きあちこち風景撮りしてたら、食事終え出てきた老人農夫が写真撮ってあげるよと、親しく声掛けてくれたので甘え店バックにチーズ。駐車場に設置された赤と白の自販機、赤色機は通常価格そのまま表示に対し、白色機ダイドーは¥20安値設定で表示、この隣り合わせの価格戦争、火点けは誰で意図は?俺っちこう言うの興味あるんだけど…

芸備線走る車両何度か目にしたが一両と三両連結、車体カラーもバラバラでどこぞの路線から、払い下げ車両のような感じ受けた、沿線数駅に立ち寄りいつもの写真撮り。r37は志和地錦橋でR54に合流すると三次まで8km、遠くから宿泊ホテルα1看板見え楽々チェックイン15:30ホテル前のドラッグストア食品も併売で買出し、広いフロアに薬のみ仰山にあるが、食料品わずかな種類だけ在庫、ヨーグルト2箱バナナ数本、ビスケット1箱で¥670.カード払い。夕食はホテルのインショップで鯛のかぶと煮、ニラチジミ、カルピスで¥1610.もカード払い。本日月曜日途中〒局で現ナマ入手してるが、現金支出は出来る限り避けてる。 

12/4 広島市内へ

2016.12.04
朝食後ロビーのPC利用して本日移動するコースマップ確認、A4用紙5枚までプリンターで無料印刷できるので、カラープリント5枚ゲット。各地のホテルロビーの無料PC操作したけど、カラープリントが5枚も無料印刷できるホテルは始めてよ。手持ちアナログ地図が14万分ンの1で、詳細読めないのでこれは大助かりだった。自転車も部屋へそのままどうぞだったので、労せず朝方出発でき有り難かったな。

目覚めた時は雲の切れ目から朝日が射し、想像以上の好天気だったものの、9時半出発PCで取り出したカラーマップ確認しながら、r59に合流走り出すと、この県道道幅広くないのに交通量多く、間断なく後方からの自動車に追い抜かれながら西条目指す。国道375に合流ガード下抜けr329に右折、雨が急にパラつきだしたが、西条駅北口が至近距離にあり逃げ込む。 改札へ向かうEV前で自転車解体し、まずは改札口の状況眺めに向かうと、人並みの山これにはビックリしたよ。駅員に混雑状況聞きアドバイス受け、30分後の2本後発電車に乗車することに決定、輪行袋詰めスイカカードで¥580.切符購入、3両編成の到着した電車混雑しておらず、広島まで10駅程を約40分正午直前に到着した。以前まったく同じコースを自走、西条駅から広島駅まで輪行した事あるが、西条駅は近代化され昔の面影全く無くなってた。

広島駅に降車した次はタクシー乗り場係員に、カードで乗車できるタクシー選んでもらい、コンフォートHまで向かうと¥1180.タクシーチケット払い。初老の運転手広島を案内しますと、広島市内の地形歴史詳細を、車内TV見せながらうんちく聞かしてくれたけど、橋を渡ると必ず下る市内道路面全て海抜0mで、僅か少数の人だけがこの事実を知ってるが、多くの人々が全く知らないので、乗客に聞いてもらうのが楽しみと言ってた。降車したホテル前海抜2.5mの表示、走った路面は橋を下ったまま平坦に感じたが、これってどういう事なのかね?

チェックイン時間までホテルに輪行袋、リュックの荷物預け、昼食と事前にチェックしてた自游空間ネットカッフェで、ブログ作成で時間つぶしカード払い、日曜ということもありアーケード街超賑わっており、外人も数多く祭りか祭事かと思うほどだった。15時30分チェックイン、まずはコインランドリーで洗濯、その間バスタブで冷えた身体温めリラックス。

19時過ぎホテル内にレストラン無く、雨傘借用街中に夕食食べに出かけ、温存した2枚の聖徳太子でステーキ定食¥1580.食べ満足。別に美味しくは無かったがこの低価格売りで、ステーキ定食が最高値だったが、現金手付かず残したので張り込んでしまったよ。食事終えた帰路は雨上がりホッとした、明日から晴れ続きの予報だが、これは的中してほしいと願ってる。ホテルロビーに輪行袋ネット掛けで、親切なフロントが預かってくれたので、移動が楽で痔が痛むので助かる。

12/3 広島空港へ向かう

2016.12.03
今年最後の自転車旅はどど~んと17泊18日、広島から三次に一泊して中国山地を越え、島根県出雲から鬼太郎の街境港。更にも一度中国山地越え、新見経由して倉敷に向かい宇野港から髙松港へフェリー輪行、四国山中四季美谷温泉、べふ峡温泉高知市内を経て、久万高原、内子町滑床渓谷通り松葉川温泉から、再度高知市内に向かい、翌日午後高知空港から帰京する、本年度最長のツアー初日12月3日広島空港近くの温泉ホテルに投宿。

レンタルPC無くフロアに設置されたパソコンからのアップです。ホテルに到着部屋で荷物点検すると、あれこれ忘れものありはいつものこと。まあれこれぼやいてもすべて自己責任、走るコースのリサーチは見事?に決めてるが、最近は自転車整備を自分でやってるのは感心、いや当然でメカトラブルは何故か回避できてるが、携帯する所持品チェックが甘くいつもあれこれ欠品してる。貴方はちっとも反省せず、学習しないから同じ過ち繰り返すのだと、神にいつも言われてますその通りですハイ。

今回の旅当初空港近くの宿泊は考えてなかったが、温泉のホテルと知り急きょ前泊を決めたがばっちり正解だった。まずホテルが部屋が大きく、立地環境も良くやはり温泉が素敵、温度低かったが露天風呂もあり、深夜1時まで朝は5時からと2度3度の入浴もできる。立ち寄り湯も併設されてるが、さほど混み合っておらずコインランドリーも無料で、ここはおすすめホテルじゃな。

更に先ほどホテル内のレストランで、カード払いで夕食食べ、明日が日曜日と知り往生してます。そうですマイカードは日曜祝日払い戻しできない特殊カード、で財布調べたら聖徳太子が二枚あるだけ、硬貨もコイン財布忘れ先ほど自販機で牛乳とお茶購入した残金¥670だけ、明日は雨天のようで空港まで戻って、空港バスで広島市内まで向かうがベストのようだがわずかな金では不安だよ。近くにあったコンビニでカード払いで合羽買って、自走するなら金がなくても大丈夫だけど、風邪がやっと治ったばかりで長旅初日では、自分的には濡れて走りたくないのよ。

自慢じゃないが日曜日金欠ってこれまで何度も体験済み、どうしょうもない呆れた爺さんと笑って下され。さらに今回は便秘気味と度重なる激坂登坂、食事会で長時間座ってたり、電車内で長時間立ち続け等あれこれ悪条件重なり、数十年体験せず済んでいた痔病発症、坐薬持参脱肛した尻の痛みに耐えての走り、抜けた差し歯痕も歯科医でいじられやや痛む、踏んだり蹴ったり状態で18日の自走旅行を平然と決行する爺さんって尊敬する?

俺っちいつも背後に親父がついてて、守ってくれてると信じてるので、何故か苦境で力が湧いてくるのだ。可愛がってくれた父親の生前に、何もしてやらなかったので、今自分を痛めつけても頑張り通してる。小学6年生餓鬼時代に最終列車で居眠りして、終着御殿場駅から線路の枕木上を、一晩中かかって御殿場から山北まで、数多くの鉄橋と六つのトンネル歩き通し、親父によくやったと褒められたのが忘れられない。人間やってやれないことないのだ、とつぶやいた親父だった。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ