FC2ブログ

11/23 その後の近況報告

2018.11.23
先月の23日房総半島犬吠埼から面白味無い、茨城県内を走行霞ヶ浦湖畔で少しだけ楽しみ、久里浜から帰宅した6泊7日ラン、一週間の休養後山形県の旅を予定していた、数十年の自転車走行体験上、何度か経験した痛みに見舞われ、またかと安易に考え時間が来れば治るわと放置、ところがどうしたわけか今回、治るどころか痛みは日毎増幅され、痛みに耐える毎日が続くも回復思うに任せず、加齢が大きな障害になってるのかもと諦めながらも自然治癒力に頼り続けた。

落ちた体力回復願いわが家周辺十数キロ走る、bd1小径車でのリハビリ走2日目、グリップ劣化し先端ベタつくので、オールランダーバー短く持ち走行中、左折不注意でグリップ先端が、ガードレールのガイドに触れ落車転倒のお粗末。昔近くの爺ちゃん実用車で倒れただけで骨折、年老いると骨も脆くなってるので油断できない、何が幸いするか訳わからんが、過去数百回の落車体験、無駄になってないと転んだとき思ったよ。クロカン愛好の頃は日に10数回、よくもまあ骨折体験しなかったものよと感心してる。

19日と昨日22日東洋医療の整体院に通い、右足はようやく完治したが新たに左足首に腫れと痛み発症、今回企画した小鹿野町古民家へ泊まるミステリーランも、回復してもリハビリ時間不足で無理だなと判断、キャンセル料不要のうちにと、只今キャンセルしたので、来春暖かくなってから再度企画致しますわ。申し込まれた皆さんには本当に申し訳ない気持ちです。

今年の予定は12月10日から16日まで沖縄を走る1週間の旅で完了、宿泊127泊となって80歳からの総宿泊数は80歳150泊、81歳140泊、82歳147泊、83歳の今年年末61泊を併せると全498泊来年度2拍加える事で、5カ年間500泊計画の最初の目標は達成となる。

55歳まで1年半残して目標達成したので、次はあれこれ決めず気楽な旅で走りを楽しむつもり、少しシャカリキになりすぎたと反省しています。21日には石和に神と出向き、石和邸を売却したので遊び資金も補充できたので、のんびり気楽をモットーに終活に進みたいと考えている、1000枚以上の名刺も廃棄、使用済みのオレンジカードも廃棄したが、なんと未使用のカードが数十枚も含まれ、電車通いしている神にプレゼント喜ばれた、私鉄のパスネットは交換期限切れだったが、手持ちの未使用カードは1枚だけ。
スポンサーサイト

11/11 やっとこ体調回復

2018.11.11
前回のブログアップが10月27日、その数日前からの体調不良になり、ようやく回復した本日までの間、実に20日間の日時が経過、痛みが最も酷かった時は夜中に尿意で目覚め、トイレに向かうまで僅かの歩行が超大変で、ハンドタイプの掃除機を杖代わりに、痛みに耐えながらドタバタ音を立て、トイレのドアまでたどり着きドアを開けていたので、ドアノブに全体重が掛かり、ドアが傾げてしまい閉開重くなり壊してしまった。左足がカモシカで右足象の足ほど、太さがが違いこの先どうなるのか不安を感じた程。

それでも医者に行かなかったのは、数時間の待ち時間順番待ちさせられて、診察わずか5分では繁栄医院の院長といえど信頼できず、時期が来れば治る自然治癒力を確信、半端ない痛みに耐え抜けたのは、例の欲しがりません勝つまではの時代、少年期を過ごした世代の我慢強さだと思う、軟弱な戦後世代とは精神構造が全く違う、戦後の米国指導追従のお粗末教育では、大和民族が本来持っていた、侍精神は霧散米国の思う壺となってしまった。

難しい精神論はまあどうでも良いけど、少年の冒険心のまま年を忘れての熱中は、老いた体力では無理ということを痛感したので、これからは老人ペースで無理な走行はせんよう、留意しようと改めて思ったよ。予約の全てをキャンセルし、毎年招待受けて参加していた、日進社長企画の琵琶湖一周ラン、今年最後と考えてたがそれも無理かと思い、連絡入れようかと思っていたら、マイカー伴走参加してる友から同乗の誘いに、それはグッドアイデアと即その気になり、今年は友の車に同乗で皆の走りを眺めることにした。

で年末、もう行くつもりのなかった沖縄だが、12月10日から1週間那覇市とうるま市に滞在、就活で沖縄を再度楽しむ事にした。5カ年500泊の計画も1年前倒しで間も無く達成するが、平均年齢もクリアして仲間も次々召され、俺っち自身も終活を脳内にあちこち走りを楽しみたいと考え過ごすつもり、石和別宅も売却決まったので、遊び資金に追加できるので来年は、ごく気楽に過ごしたいと考えている。まだレーサーシューズ履くのは無理だが、運動靴で明日から3週間ぶりに愛車に乗って、リハビリ近場回り開始からと考えている。

10/27 体調絶不調になり暫く休養

2018.10.27
本朝羽田空港に集結して秋田に向かう、一泊二日の筬長企画クラブ亀ラン、参加を楽しみにしてたところ、数日前から右膝頭が発熱し腫れてしまったが、4〜5日あるので行くまでには治ると、多寡を括ってたが良くなるどころか、更に悪化し階段上り下りが苦痛になり、一段上っては両足揃えてから、次の一段上る牛歩の歩みがやっとで、昨晩遂に同行を断念、秋田まで向かうので翌日帰宅せず、山形、宮城県と走り続ける予定だった、一週間の宿泊先も全てキャンセル、航空機からリムジンバスまで、全ての手続き完了朝方早くに目覚めたので、今ブログ作成しながら皆のことを想像してる。


これまでも数回、こんな状態になった事があり数年前の事、行きつけの整骨院で診察受けレントゲン撮影した結果、骨には異常なくバイ菌が入ったようで、体力低下してたからでしょうと判断、数時間待たされ僅か数分間の触診で診断、医師に対し信頼を失くしてしまった。痛み止め投与で湿布され、大袈裟に松葉杖まで貸与されそうになり、固辞した事があり以後二度とこの繁栄病院に足運ぶ事無く、今回も前回と全く同じ症状なので、いずれは治るわで放置してる。

過去数回あちこちが痛くなった体験しているので、俺っち的に考えるとその全てが、無理し過ぎが原因と思うので、加齢も重くのしかかってる事でもあり、少しでも長く走り続けたいので、今後は常に自重の二文字を脳裏に刻み、長く続けられるようしますわ。まず一日走行距離100km以上のコース設定はせず、50〜60km範囲でのんびりと見て回る走りに転換する事にした。

次なる予定は毎年招待され参加してる,同業者日進のイベント琵琶湖一周ラン、年老いたので今年で最後と伝え、参加するので滋賀県へ来月17日に向かう、何時ものように新幹線輪行で向かうが、終了後福井県から石川県へ走行後、21日小松空港から帰宅の4泊5日で旅程組み予約済み、18日間あるので間違いなく回復するので行くのは問題ないが、琵琶一走るコースが鯖街道に迂回、鯖すし食すロングコース160km走行は自重を決意したのばかり、と言っても琵琶湖を一日5〜60kmだけ走行では、スタート地点に戻るに3日も掛かってしまう、これも参加辞退がベストかもと今悩んでる最中。

あと3日来月に入ったらこの問題、どう対応するか決断しようと考えている。




10/20 房総半島の旅終了

2018.10.23
久里浜港から自走は何処走っても、複数回の走行経験あり面白味皆無で、あれこれ考えた挙句途中駅まで輪行する事に決め、京急線仲木戸駅からの自走とした、浜金谷から久里浜フェリー輪行後、京急久里浜から京急仲木戸までも輪行するので、久里浜から仲木戸下車するまで、駅名列記したら何と仲木戸まで27駅あり、希望の各駅停車に乗車でどれ程位時間掛かるか?まそれ調べるのが先決だなで就寝。この問題は意外に早く45分くらいと判明した。


朝目覚めカップ麺も一つ買っておけば、良かったなと思いながら食べ終え出発、R127保田,浜金谷でフェリー港迄はすぐで、到着したら車は全て乗船ずみで出帆直前、係員が到着払いで乗せてくれたので、次便発まで1時間待たずにすみ助かった、久里浜港切符売場で有難うねと支払完了。自走で京急久里浜駅に向かい時刻表見ると、久里浜駅からは普通車って発車しておらず快速か特急だけ、それでは普通車しか止まらない駅に降車したい人は、どうすればよいのか時刻表眺めて疑問を感じたけど?この件解決しておらず…

結局乗車した快速電車は北久里浜、横須賀中央、金沢八景、金沢文庫、上大岡、横浜と停車して横浜で降り、西口からR1自走直ぐR15に右折となり、中国人店主の店でサービスランチ頼むと¥800.で、五目ラーメンに半炒飯と小籠包2けにスープ、とても食べきれず炒飯手付かずで残したけど、湾港労働者なら食べられるわなと感じた。

仲木戸までR15のまま走り、TNスロープ抜け目的のr12走行となった。東白楽駅から岸根で新幹線をアンダーパス、小机駅前から左江戸で中原街道横切り、柿生に出るはずだったのに、貝の坂分岐で右方が市が尾表示に嫌気して、左方r140町田方面にハンドリ切ってしまい、前回と全く同じ展開になってしまったと思ったが戻らなかった。そうこのコース以前に走ったことあるのよ、もう仕方ない前回コース再度の確認走だなと諦めた。

小山からr158尾根幹線を上り、r155に左折再度r158に左折し鑓水からR16、御殿峠を上り下りして我家へ到着したが、そのまま真っ直ぐ帰るは芸がないと、考えたガキの小細工悪足掻きでした。以上、房総半島霞ヶ浦の1週間のお楽しみ詳細でした。

本日走行距離 59.19km 走行時間 3時間6分15秒 AV 17.0km 輪行 浜金谷港=久里浜港 京急久里浜=横浜


10/19 2度目のコンドミニアムHへ

2018.10.23
本日の宿岩井までやや遠く、天気予報も雨降るということで、昨夜地図から読み取った15駅の駅舎巡りは取り止め、晴れてる間に距離稼ごうと、出発も9時といつもより早めに宿を後にした。
九十九里自動車道と併走のするr30で海岸線を直進、新一宮大橋を渡らずr123でR128に合流し、その後ひたすらR128を走行したが、有難いことに海上に暗雲発生するも、俺っち走る方向には晴れ間広がり、先行き雨の心配なしにホッとしながら走った。

平坦路が続き距離稼げた走りも、御宿から短いTNが連続し路面もアップダウン続くと一変、連日の走行での疲労残りスピードダウン、部原分岐では左方に進入すると勝浦で海に早出でき、10時20分で走行距離31km風強く、海上雨雲残るも進行方面は引き続き晴れ間広がるに感謝。隣駅鵜原駅前で電車待ち10時45分、38km4両連結JR外房線ワンマン電車到着するも乗客まばら。鵜原先でも外房線挟み国道128は海側、山側に分岐するが当然海側を走行、道路が再び合流するのは行川アイランド駅手前、この辺何度も走っており大多喜方面へは、国道297県道82と三桁県道177全て走り尽くしてるわ。

安房鴨川太海からr89鴨川富山線に分岐、西からのアップダウンに大井の上り勾配で失速、いっときはヘロヘロ状態になるも、下り勾配になり生き吹き返し道の駅とみやま、停車するも食事処が2Fで自転車保管に難あり再走、道端にある案内板食事処森のてーぶる見て向かうと、店の気配もない住宅地に入り込み、更に奥に侵入すると瀟洒なレストラン目に入りイン、85km走行14時15分到着した、ここなら自転車は全く心配無し、シーフードカレー¥1000.チーズケーキ¥400.紅茶200の昼食を満喫のんびり過ごす。

宿泊するコンドミニアム岩井迄はすぐ到着、輪行袋に収納した自転車持ち、5Fの広い部屋に入る途中で、走って来た方向に
半円形の見事な虹、と言うことは俺っち走った後雨降ったわけで、雨の気配も感じず走り切れたのはラッキーだった。着衣コインランドリーに放り込み、最上階12Fの大浴場で汗流す、露天風呂は無いがサウナはあり、浴槽から眺望バッチリだった。夕食舟盛り刺身はまぐろ、鯛、スズキ、イカ、甘エビ、さざえにあわび、厚切りで豪華食べ応えあり満足した、翌朝は朝方のんびりしたいので、食事なしチョイスでフロントで即席麺1ケ購入。

21時過ぎ眠気に勝てず寝床へはいるも、24時前目覚めたので持参した地図広げ、明日のコース読み始めるも何処走っても新鮮味なし、で京急仲井戸駅まで輪行移動してr12スタートと決める。

本日走行距離 89.56km 本日走行時間 4時間27分53秒 AV 20.0km
 
カテゴリー
最近の記事
過去ログ