6/19 東北の旅から帰る

2017.06.23
本日は9泊10日東北から帰る旅の最終日、7時半バイキング朝食に向い8時過ぎの早いチェックアウト、天気は雨の心配全く無い好天気で今更と思いながら8時半出発、袖ヶ浦バスセンターから川崎まで輪行して、家まで自走して帰って旅終了となる。バスターミナルに向かう途中で、長浦駅と袖ヶ浦駅舎9:48の写真撮り、バスターミナル10:40到着11:28 発に乗車、¥1330.海ほたる停留場からTN内を走行約1時間で川崎駅到着。

川崎駅前から走った事無い道路で帰りたいと考え、R15から尻手二丁目に出てr14溝口に向って走行、千年13:32で奈良輪14:43溝口からr9何度も走ってる慣れた街道、写真撮りする気も失せ只走るだけで、これまでいちばん疲れた感じで帰宅。

今回の旅体験で思い出に残るのは、瀬見温泉の宿観松館、ビジネスHに対抗して超狭い部屋を設置、低価格で個人客を積極誘致してる営業努力見て、先の時代考えると和旅館将来の姿ここにあると実感した。今ビジネスホテルを家族連れが利用する時代になり、日曜朝のバイキング会場では、子供達が騒々しく動き回りはしゃぐ場面をたまに目撃する。それと全国走り回り体感してるが、宿泊料金は南高北低気味ということだね。

雨で濡れた身体で食事に立寄ったら、それ見た女将がすぐ奥のストーブ点火して、こちらにどうぞと勧めてくれた思いやりの心に感動した。同じく黒磯近くのR4走行中突然大雨になり、路上で停車してリュックの雨合羽取出し着ていると、道路反対側遠くの方からここで雨宿りして、と大声で呼ばれ見ると運送会社のターミナルで、手を振って合図する運転手の姿あり、これ幸いと建物に逃げ込んだけど、親切な呼びかけには痛く感謝させられた。来月82歳になるので元気なうちに、全国あちこち走り回って、持ってるお金を全部使うつもり、と言ったらそれはいい事だと拍手してくれた。朝付一泊¥7200.

本日の走行距離72.77km 走行時間 4時間35分57秒 AVH15.3km   10日間の総走行距離853km
スポンサーサイト

6/18 先月に続き市原市五井

2017.06.23
快眠朝7時目覚める。予報では午後から雨、窓から外眺めると本日確実に雨は一目瞭然の空模様、今回の旅宿泊は本日が最終日、成田は家まで直行で帰れる距離だが、急ぐ旅ではなく先月泊まった市原市五井に宿泊するが、宿は先月とは別のホテルを選択してる。

市原市五井は距離にして50km程度の近距離、午後から雨と報じてるので雨嫌うなら、最短距離で直行すれば良かろうに、へそ曲がり爺さん降るなら降れと居直って、どこ吹く風とまったく気にしないのよ。どれほど雨の洗礼受けても凹まず、濡れたシューズを新聞紙で脱水、乾いた新聞紙をスリッパ裏で伸ばし、まとめて畳みゴミ箱脇に置いたぜ、あちこちホテルで毎日のように。

クロークから自転車請け出し雅さん健在かと、スタッフに問うと居ります呼んできますと素早い対応、元気な姿目にしあれこれ話弾み、彼の郷里が横手で92歳の母親健在で、里帰りしてると聞き秋田県人と知った。

初めて出会ったのは俺っちがJCRC活動に熱中の頃、下総でのイベント開催を知り俺っちとこへ、営業で飛んで来たのが初対面、その時能力あるホテルスタッフと認識したが、その後支配人から今では執行役員にまで昇進、俺っち目に間違い無かったと納得嬉しくなった。能力ある事を見逃さなかた会社幹部は流石、東北人の頑張り精神には常々感服してるけど、多数の客を呼び繁栄してるホテル運営見て、執行役員となれば更に容易に腕前発揮が出来るはず、これからも更に頑張り成果上げて下さい。おめでとう雅さん。人との出会いたくさんあるけど、この人忘れられない人で心に残ってる、爺さんいつも応援してるよ。

出発10時R51に出ると千葉まで25km直行する気は無く、まずはJR酒々井駅11:04に向い次国道反対側の京成酒々井駅、その後佐倉駅11:46まで足伸ばし,r65を神門12:10からr277真直ぐな道が八街でr22の合流すると、斜めUターンしたので何の事は無い元戻りの感じ、中華・韓国家庭料理『美紀』で昼飯13:11又もやR51に出るも13:28国道嫌って、すぐまた左折r66すると雨降り始め合羽着用。r53次第に激しい降り方になり、R16から五井に向う終盤はスコール状態、五井駅に着き方向確認ホテルに向い15:19ホテル到着。
本日走行距離72.82km 走行時間3時間48分05秒 AVH19.1km


6/17 成田ビューHへ

2017.06.22
このホテルチェックアウト11時と遅く、昨日の雨天激走100km越えで疲労したお陰か?よく眠れたのでチェックアウトも遅くなり10:41出発。ホテル前の国道50は水戸駅で終端となり、逆方向終端は群馬県前橋市で、ホテル前から群馬方向に向かってすぐ左折すると、偕楽園駅、千波湖バス停でr50になりただひたすら直行が本日コース、走ってるといつしかr18に変わり?も、例の重複路線を上位路線のみ表示する、省略簡易表示と気付きひと安心。

大洗へ出て鹿島灘の沿岸沿い走行するR51で鹿島、神栖、銚子の大周回も頭にあったが、三度も走ってるコースでもあり、連日の雨降り走行での体力消耗を考え、ひたすら内陸直行する安全策に決めた。でr18鉾田に向い長岡11:21大和田12:03と過ぎると、r50右方へ潮来方面へ分岐、左方はr116鹿島表示あり、左折r50か直行r18の二択になり直行選択。

12:19彦善そば屋で昼食納豆おろし¥900.食べる。出発後暫く走ると鉾田12:53で路線はr2に変わり北浦西岸を走行、13:57先程別れた潮来に向うr50横断、麻生で霞ヶ浦沿岸走行のR355と重複路になり、北利根橋渡って国道から分岐r2は県境を走行、水郷大橋で利根川を渡り以後千葉県内走行になる。

県境間際を走行していたr2水郷大橋で大利根を渡ると、千葉県下になりR51(佐原街道)に変わると、車両通行量俄然多くなり歩道走行の繰返し、走り難い歩道嫌い左折もいつしか又また元の国道戻り、15:33吉岡信号でr79を左折暫くでr44に右折すると成田空港TNで、アンダーパスして空港高速道サイドのR295、タイルの歩道をそろそろ走って成田ビューホテル到着は16:00本日は終日雨降る事無くすみんたが、本日コースは写真撮りする光景とぼしかったな。

JCRC定宿の頃から常時自転車はそのまま預け、今は如何にと問えば問題無しOK、昔と変わらぬクロークに自分で留置き助かります。相変わらず多数の顧客で賑わうフロントに並びチェックイン、衣服洗濯中天然温泉で疲れ癒す露天風呂が素晴らしい、滞在中何度でも入浴出来るチケット2食付き¥10200.

風呂帰り洗濯物持帰り部屋干し後、心地よい睡魔に襲われ仮眠目覚めたら20時、バイキング会場に向かい遅い夕食を食べ、部屋の戻りテレビ眺め就寝前再度露天風呂で身体癒した。
本日走行距離86.21km 走行時間4時間25分42秒 AVH19.4km

6/16 水戸市へ

2017.06.22
昨夕すぐ前の新幹線那須塩原駅へ雨の中、歩いて駅舎写真撮り散歩、那須塩原市は牛乳産出額本州一のまちらの宣伝あり、ホテルに戻って洗濯物部屋干しと、自転車清掃注油と忙しく過ごし、食堂での夕食付き¥9550.は簡易食だった。

疲労してたのかよく眠れすっきり目覚め、9時半出発できたがr53→R400→R293→R123とメモるも、道路に標識無く推定走ってるだけで、地図上ストレートなのに結構右左に曲がり?交差した道路に左折進行すると、9:57道路標識ありr72行き先白河では逆方向で戻る、その後何とか道の駅那須与一の郷10:36に到着、R293とR461併記いわゆる串刺おにぎり目に入りひと安心。

最短距離の那賀川沿い走行する国道294走らず、那賀川対岸を並走する県道27を走り抜け、栃木県下で最長の県道27を取り合えず、国道461との交点から茂木まで55km完走した。茂木までの県道遠回り走行で脚の疲れ実感、茂木からは迂回路無く国道123のまま水戸へ向う予定で走った。13:36食堂民宿で昼食鮎定食¥1080.食べたが見事な焼きあがりの那賀川鮎二匹、豆腐、山菜煮、新香、みそ汁付は格安。

マイメーター63.26km見て15:10新那賀川橋渡り再スタート、すぐ雨降りだしあまりの豪雨に、バス停で30分ほど退避雨宿り休憩、夕立通過後小降りを見てR123水戸に向かって、45kmほどの距離を走行し17:35駅前到着も、ホテルの場所方向分からず、フロントにSOS電話するも全く要領得ず、交番探すも見当たらずで困ったが、街中走行中イラスト地図を発見地名探し、大工町1丁目の町名頼りにR50前橋方面に戻って、無事ホテル到着18:03偕楽園近くだった。最初から有名な偕楽園近くと覚えておけば、苦労する事無かったのに迂闊でした。それと名前はリッチモンドHでは無かったけど、このホテル系列ホテルで会員予約可能だった。

本日走行距離116.7km その他データー消去で不明 2日間連続の雨天100km越え走行が続いた。残る3日間は山間部抜け出したので、平地走行となるので蓄積疲労あるが、比較的に楽に走れると考えている。今回温泉泊まりが少ないのも疲労回復になってない原因かも。
 

6/15 那須塩原へ

2017.06.22
8時前ホテル窓から眺めた遠方に僅かな薄雲あるだけ、今回旅で最良の天気模様なので、無事難所阿武隈山脈甲子道路越えなるか?と思い、ホテル隣接の居酒屋がバイキング会場8時40分イン。店内隅に置かれた真新しいMTB目にとまる、近づくと僅かに走行した跡残り、ディスプレイでは無い感じ数枚写真撮りしたが、ディスクブレーキ、クッション付片フォーク、チューブラー仕様キャノンデール高級車、フロントに問うと居酒屋さんのもので、うちは全く関係ありませんだって。

輪行袋から愛車取出し組立ててると、居酒屋スタッフから何処まで行くんですかと聞かれ、甲子道路走って那須塩原までと答えると、えー!とビックリ車でも遠くて嫌になる道中だよだって。店内のMTBはオーナーの愛車で、表にあるラックの固定ギアFuji自転車が自分の物、近場のちょい乗り専門の自転車乗りだった。俺っち年齢教えると更に驚き目が玉になり、飴玉あげますわと大袋差出され、これには俺っちビックリ折角なので数粒だけ頂いた。道中気をつけて下さいと見送られ10時過ぎ出発。

走り始めた路面R118とR121重複路(日光街道)、なのにR118おにぎりのみ須賀川、南会津方面へ会津鉄道沿い走行10:19、途中数回右折方向に先月走ったばかりの、大内宿の名を目にし大内宿至近距離と知る。芦ノ牧温泉駅10:53停車写真撮り、この駅猫駅長駅で待合室に猫グッツいっぱい、フラッシュで失明したとかで、猫さん写真撮り禁止の張紙あるも、本日猫駅長休日で不在だった。

芦ノ牧駅は会津若松から6駅目この先6駅目が会津下郷、小沼崎TN699m抜けると雨で合羽着用、湯野上温泉駅で漫画イラスト電車を撮影、先月も大内宿からここ走っており二度目、又も雨降り出しR289に会津下郷信号左折すると、今回旅最大の難所甲子道路の上り勾配が始まる。11:27進入したR289雨で合羽着ての坂上り、標高700m地点の電光案内が17℃表示、合羽が防寒の役目して寒くないが走り難く、道の駅しもごうで停車14:08して合羽脱ぎ休憩、昼食おろしそば¥880.食べるも空腹感消えず、売店で会津花豆パイ2ヶ¥360.も仕入て腹に入れたよ。

14:20雨上がり更に暫く上ると甲子トンネル入口、長い4345mTN車道走り抜けると下り勾配、白河手前で一桁国道の混雑避け県道走り継ぎ、那須塩原が脳内にあるも路面と噛み合ず、サングラス忘れに気づき戻ったりで、走路右往左往となってたら、今度は猛烈な雨に襲われやっとの事でホテルインは、19時を回りずぶ濡れ状態疲れ切っての到着だった。
本日走行距離 120.34km 走行時間6時間06分15秒 AVH19.7km 旅後半の初日は散々な1日だった。





カテゴリー
最近の記事
過去ログ