6/16 湯沢グランドホテルへ

2018.06.24
7時過ぎ目覚めるも久しぶりの走りで疲れよう眠れた。台風が発生沖縄に近づき、明日は奄美明後日は種子島、四国沖で熱帯性低気圧になり消滅と、テレビで報じているがここ秋田県は、朝から晴れ渡り終日雨の心配無し。チェックアウトは11時行先は横手の先湯沢♨️、昨日とは大違い本日移動先は約60km程度で近い、とは言っても別に迂回走するような、回り道も見当たらずただ目的地へ向うだけ、なら今日こそ念願?の床屋さん立寄りを頭に浮かべ、朝食は隣接の旅館の食事処。

8時に向うと小さな食堂内卓上に、所狭しと並べられた箱膳は学校の教室みたい、何処でもお好きな所へどうぞの声に、先客2人が食べてる同席隅に坐り、何時もの様に御菜のみ食し食べ終え、早めの退席心掛け食事後は周辺散策へ、JR角館駅に隣折する内陸縦断鉄道駅舎見学、始発鷹巣駅から角館までR105と、付かず離れず走行続けたこの鉄路29駅、1日10便が往復してる第3セクター鉄道、ぜひ頑張って営業続けて欲しいものだ…

10時半過ぎ走行再開した昨日の続き、R105は街中出た所で県道11号が分岐、県道大好き喜び進入間もなく、念願だった?赤青白渦巻きシグナル目に入り、店にインすると先客居ったので、待てばやってもらえるかと聞くと、首頷いたので入店先客終わり待って、頭を預けたけれどこの年配女史、あきれる技術でお仕事粗雑だった、どうしますかと聞かれ?あんたの好きにやって良いと預けたが、雑な仕事で構わないと勘違いされたのかね、値段も世間並み¥3400.の請求は、調髪では無く、文字通りの散髪屋で、帰宅後神さんから、やっと床屋さん行けたのねと云われ、なによ虎刈りみたいと酷評された。俺っちこれまでの床屋
体験で、こんなに下手だなあと感じた事は無い。

r11走行中道路脇で見掛けた超モダン看板のレストラン、停車して改めて眺め崩した書体店名が読めず、自転車留置き安全見てここで昼食、店名はフランス料理ラ、カンパーニューだった。ABC3コースある昼食メニューから、店の品格気に入りベストグレートC¥3800.チョイス、食べ終え失礼ながら東北の片田舎の店で、こんなに美味しい洋食が廉価で食べられるとは、夢にも思っておらず、インして本当に良かったと、感動すら覚えた。神さんに食べさせたいなあと思うも、場所をどうガイドして良いやら見当もつかず、いずれ詳細に調べてみようと、秋田県仙北郡美郷町六郷野中の所在地をメモった。

食後R13に合流15km走行し横手市内を過ぎ、更に15km程走行すると今晩の宿、秋田県湯沢GHが街道右手駅前にあり、15時半過ぎ無事到着と本日楽々だった。

昼食が夕食代わりのように豪華だったので、夕食左程食べる気もせず、ホテル内レストラン営業も無かった事から、結局夕食を食べること無く、夜も早々と19時半にはベッドインすると、いっとき22時過ぎ目覚め暫くテレビ眺めるも、再度目を閉じると、翌朝6時近くまで実に良く眠れた1日で、ベッドも寝心地良く、寝起きの気分も爽快だった。

走行距離 58.33km 走行時間 2時間53分30秒 Av20.0km






スポンサーサイト

5/15 角館駅隣接Hへ

2018.06.23
体調不良から旅前半5日分カットし6日目を場所変更して、7日目以降を当初予定通りコースに戻し、旅を続け本日62月3日雨振る中を無事帰宅したので、毎日を振り返りながらのブログ更新と思ってます。まず最初に前文で変速機電池交換したと、あるが実は充電済み電池交換を自転車置き場でするつもりが、手指が痛くて電池交換が出来ず、大丈夫だろうと軽く判断帰宅後に先送りし、最終日前日から電池切れ症状が発生、脚の筋肉に負担掛け筋肉痛発症、帰宅早々往きつけのマッサ姫宅に参上の醜態と、厚すぎるとカットし持参した東北6県地図も、ラスト2軒宿泊した福島県内地図部分、カットで持参しておらず現地コンビニで入手したお粗末状態を耳に入れて頂き、何があってもめげない爺さん見習って下され。

空港は変えず日時変更しただけなので、大館能代空港から角館は遠く100km近い距離の走行となり、体調治りかけで万全でなく、上空悪天候で航空機も遅延到着で、自転車組立て空港後にしたのが10時50分。それでも走る道路は国道105 をひたすら1本、これには助かりましたが景色眺め、のんびりなど以ての外で終始急いで走りましたよ。

自転車乗るも12日振りと休み過ぎ、右足くるぶし腫れて痛むと悪条件重なり、コースも平坦ではなく大変だった。道の駅あにで昼食そば定食注文、ご飯はとても食べられずその場で返品、添えられた副菜類は完食¥850.13時20分走行距離43kmだった。食後走行再開暫くした僅か標高450m、大覚野峠では失速気味やっと上るも下りで意気回復、ホテル探しは角館駅隣で手間取らず、角館街並は何度も訪問しよく分かってるので、伸び放題の髪の毛調髪と床屋探すも、2日間の臨時休業札で閉店中、小さな八百屋に並ぶ甘夏柑¥398.買ったら、はい¥430.って暗算が速いのにビックリ、暗算速さを伝えなくて良いから、お願いだから商品は税込みで表示してよ。

ホテルが厨房工事中で食事の用意ができないからと、タクシー送迎付で食事処へ案内されたのは、ここ数年年間120〜150回の宿泊体験してる我輩も初の体験じゃ、翌朝食は隣旅館の食堂だった。Hフォルクローロ角館フロントが超親切、自転車も別室で預かって頂き感謝、このホテル神さんと角館観光で以前一度泊まった事があり、角館ななんやかんやで5〜6回訪ねてる場所。

本日の行程 自宅から自走京八バス停=リムジンバス輪行羽田空港=ANA便大館能代空港〜自走角館駅前
走行距離 94.42k 走行時間 4時間06分48秒 AV 22.9km 15時50到着

6/14 東北の旅前日

2018.06.14
最初の計画通り旅が成立してれば今日は旅先4日目で、能代空港からスタートして大館(秋田)、酢ヶ湯(青森)、金田一(岩手)、八幡平の湯瀬(秋田)泊まりで明日は駒ヶ岳温泉のはずだった。ところが旅出発する数日前から、右手首から上腕が痛くなり、一時は手首が腫れ疼痛でとても自転車旅は無理と判断、医者へも行かず峠は近いと悲観せず、出発数日遅らせば何とかなんべえと、取り合えず前5日分宿泊をキャンセル、搭乗券も変更できる特典航空券だったので、15日出発に延期対応し症状眺めたら、予測通り峠越え徐々に痛みやわらぎ、腫れも完全に消え去りほぼ完治したようで、明日から期間短縮した東北の旅へ出かける。

前4日分を中止し5日目宿駒ヶ岳を角館に変更、6日目以降は当初予定通り秋田県湯沢、宮城県の鳴子♨️、山形県寒河江、同じく山形県小野川♨️、福島県玉梨♨️、続いて同じく芦ノ牧♨️、ラスト栃木県那珂川♨️と各地の♨️を楽しむ旅を満喫23日輪行で帰る予定だが、乗車券がまだ購入していないのは、途中駅から気ままな自走徘徊が脳内にあるからで、旅で消耗した体力と相談し、地図眺め楽しみながら考えようとしている。

8泊9日に短縮された旅行程程での毎日の走行距、初日は能代空港から自走〜角館駅隣92km、2日目角館駅隣〜湯沢横手56km、3日目湯沢横手〜鳴子温泉67km、4日目鳴子温泉〜寒河江市内72km、5日目寒河江市〜小野川温泉67km、6日目小野川温泉〜玉梨温泉95km、7日目玉梨温泉〜芦の牧温泉62km、8日目芦の牧温泉〜9日目那珂川温泉74kmで通算585kmになる。

今回は自転車の前輪タイヤ交換の予定だったが、手首の疼痛癒えたばかりで、作業はまだ無理かと考えタイヤ点検し余裕充分と判断、タイヤ交換は次回送りとしたが、変速機電池は充電完了したスペアと交換した。厚いので不要部分カットしアナログ地図東北版、冊子丸ごとポリボトルで持参する事にしたので、今回はWボトルケージに空きが無く、輪行袋はハンドル上に装着するが、ハンドル上がこれまでと変わりビーチシューズなので体積少なくコンパクト。

明朝京八駅前5時35分発リムジンバスで羽田空港へ向い、8時50分発ANA特典予約で大館能代空港へ飛び、以上詳細通り8泊9日の旅を満喫し本年度61泊の達成となり、83歳まであと3泊残しなのですべて完了すると141泊。80歳代で150完了、泊81歳代は140泊達成、82歳代で141泊を達成するので、この3年間で合計431泊を達成した事になり、当初立てた計画目標85歳までの5年間で、500泊完了まで僅か残り69泊となり今年中の達成ほぼ確実。

来年からの新しい目標どんな風に立てようか、老いた脳内少年のような夢で尽きない、神と二人共々健康に深く感謝している。


6/7 自宅静養中

2018.06.07
在宅の毎日はpc前の机でほぼ終日過ごすのが常、旅の計画でデジ地図眺め宿の情報調べたり、アナログ地図を何冊も部屋中に散乱させ、パンフメモ類も散らかして足の踏み場も無いマイルーム、旅近くになってやっと自転車の整備、行先宿の予約確認詳細コピーを作成、前日になって持参品すべてを用意がいつものパターン。

今度の旅は4日後で11日の月曜日からで東北全6県を10泊で巡り、栃木県那須塩原の11泊目で旅を終了し、新幹線で輪行大宮乗換の帰宅予定だが、自宅までそのまま輪行帰宅するか、途中駅から再度自走するかは定かではない。

毎日泊まる旅先予約宿コピーして詳細チェック、いつもオンラインカード決済なのだが、宿によっては現地決済で、しかも現金のみに固執してる処もあり、最少限の現金しか持たない主義の俺っちとしては、よく記憶しておかないと当日になり、現金不足で支払いできないことになり、使用してるカードが日曜祝日引出し不能、連休で困ったことも体験してる。

旅出発日近くなった今日朝から、宿泊する11軒の宿詳細をプリント確認、航空券をチェックしたらこれが無いのよ、調べたら次ぎ来月も同じく東北の旅、今回と同じ能代空港から始まるが、こちらの航空券は予約済みになってるが、今回分が予約されて無いのは?、で気付いたのは旅先宿の決定が早過ぎ、その時点で航空券発売期間前で、チケット手配は後日だと安易に考え忘れてしまった。来月の東北旅行はつい最近計画したので、航空券発売期間内だったので予約完了してた訳。

で急遽特典航空券申込むと満席じゃん、では現金払いを調べたら¥22990.と高額に嫌気、当日最終便に空席あり特典航空券入手出来たが、現地到着が17時25分では自走で現地に向うには、時間が遅くネットで現地タクシー手配したら、雪沢温泉郷まで¥12000,程掛かりますが…折返し連絡有ったので承諾したら、では空港にお迎えに上がりますで一件落着。現地で輪行するのでは、こちらは自走で空港へ向う事に決め帳尻合わせだ。

房総英G?ラン終了後五井の宿で別れた名古屋の若隠居、その後東北に向い16泊も旅を楽しみ、帰宅したとのメールが先程届き、長逗留にはびっくり仰天したよ。俺っちも思い切ってロングをそのうちやってみたいな、友の元気さに自転車の素晴らしさを実感再認識。

6/1〜2 芦安♨️から石和へて帰宅

2018.06.06
一般車通行禁止で排除自転車も通行できない南アルプスの聖域、東側からは夜叉神峠まで西側は広河原TNで完全規制され、昨年は広河原TN前でゲートを守る衛兵?目にして退散したが、今回は夜叉神まで至らず討死してしまったので、ここは再度TN入口までの攻略を、課題に残しゆっくりと下山した。

何ぞ仕事に関係していたので命名したというペンション、チェカーフラッグ川崎主に見送られ9時チェックアウト、ほぼ真直ぐ下ると甲府市内、車両渋滞に嫌気して途中から裏道に逃げ込むも、甲府は城下町で特有の曲がりくねった路面続き、想像もしてない場所を走り、修復するに時間かかり石和別宅に到着、庭木が通行車両の排気ガスに痛めつけられ、無惨な醜態見せてるが主不在では何ともならず、もうすぐ夏到来8月はロング滞在して、面倒見るから待っててよと樹木に囁く。

夏の甲府盆地は暑くて地獄でも、朝夕の涼しさは自宅の八王子より快適、何処にいても暑い夏なので走りは控えて、のんびり♨️楽しむも良いのではと思い、1ヶ月間籠城蟄居しますので逗留歓迎、郎党諸士の来訪切願いたします。

spaで懇切丁寧なマッサージ受け、翌日走行すると脚軽いように感じたが、坂道になる途端失速疲労を実感、散策走楽しみ帰宅のつもりが、もみ返しの痛み感じながら直行となってしまった。

中央線高尾行き普通車に乗車して、我家に向いながら大月駅で車窓から見える岩殿山眺め、その昔文士崩れだった立川店前にあった、たい焼きやの頑固親父さん、何故か俺っちの事気に入ってくれ、あれこれ世間話交わしたたけれど、物にならない作品を不憫に思ったのか知らんが、師匠が自分の名前で雑誌に発表してくれたと、嬉しそうに話してくれたけど、その題名がこの山だったんだなと脳裏を過った。

6月1日 本日走行距離 51.30km 走行時間 2時間04分44秒 AV 24.1km
6月2日 本日走行距離 40.39km 走行時間 2時間05分37秒 AV 19.3km
カテゴリー
最近の記事
過去ログ