FC2ブログ

今月2度目のお楽しみツアー

2019.04.19
次なる旅は22日から26日までの5泊6日、茨城県下を走る4月初めに次ぐ第2弾で、前回も宿泊した磯原シーサイドHからスタート、初日の22日月曜日常磐線小木津駅まで輪行後、自走開始r10からr60R349R461と逆コの字に走行、再度r10 走ってr22R6と30km自走大迂回して宿入りする予定。


2日目は前日走ったr22r10の若干を逆走後、r22を30km程走行R349を4km南下し,亥ノ鼻峠入口から右折r22終端でR461、日本3名瀑滝見の滝眺めTN抜け100名瀑袋田の滝、滝見館は以前泊まったことある宿で、記憶あやふやでひょっとしたら3度目かも‥

3日目はR461r52R293r298と続く走行だが、R461のみ20km強走るが他の路面は細切れ走行、全走行距離が約30km程で近過ぎるので、現地でmap眺めながらの迂回走を予定している。

4日目R293走り当初予定していた宿泊地喜連川♨️は、道の駅にのみ立寄り鬼怒川をr125で渡川宇都宮入り、餃子食べr2で栃木駅へ向かい、駅越えからr11になり渡良瀬遊水池巡り古河市内入り、宿泊も今月5日と同じ宿2度目何故か前回より¥1000.安い¥6700.

5日目は我が家を通り越した先の町田市ラクシオ・イン、旅最終日宿はリフレッシュ想定し提携の天然♨️ロテンガーデンを楽しみにしている。この日は日進サトースパでの酵素浴も、脳内にあるのだが日進街中が迷宮街?なのでどうするか未定。

5日間で走行距離300km強、宿賃¥57000.本年度36泊達成で、会社代表をリタイヤした年から6年4ヶ月経過776泊1000泊まで、カウントダウン234泊元気に走れる健康に感謝、目標の85歳中での達成が視野に入ってきた。

4月の旅最終日前日転倒落車で身体を強打したが、3桁の落車転倒体験があり鮮やかな受身で、レーサーシューズ靴底先端の接着剤剥がれ、捲れてしまい靴底接着剤剥離し、再接着する大補修となってしまい、左脚筋延ばし違和感あるもペダリングには支障なし、動かしながら自然治癒力に頼る我流はいつも通り、ま自分で治すが信念心配無用22日から、のんびりと楽しんできますわ。

                                                                                                                                                                                       


スポンサーサイト

4/7 町田で♨️に一泊して帰宅

2019.04.12
熟睡し目覚め朝食バイキング少しだけ食べ、10時前大宮駅まで歩き川越線に乗車し、自転車留置した37スタジオある日進駅に向う、乗車してすぐ次駅が日進駅だったので、日進は指扇駅の次駅と思ってたのは間違いで、この大きな勘違いが昨日の迷走原因になったと知り、鉄道路線駅名順も確り記憶しておくべきだったと、改めて噛み締め反省した。


スタジオ37サトーショップに向かうのに、両方にある日進駅出口に迷って駅周辺の一周となり、店舗前通過しそうになった処で姫オーナーから、会長と声かけられるお粗末にはしょうも無し。昨日留置した俺っち自転車充電してくれるわ、清掃までされるわでピカピカの新車、洗濯されたたジャージに着替え、川越までガイドしてくれたサトー後方でスタートしたら、やたら右に左に路面駆け抜けるスラローム走り、これでは何回走って教えられても、覚えられないよとただ懸命に追走するだけ。

川越までガイドされ到着すると日曜日、道路いっぱい観光客で溢れる街中に目が点になる、俺たち走りに熱中してた昔の頃は寂れた、わずかに残ってたのは宿場町の面影だけ、あれから半世紀以上経過した今でも、相変わらず走り続けてる俺っちも、考えればこれまた凄いと言えるのではとフト感じた。

家まで帰るはR16走れば一本道の最短距離で、昔からどれほど走ったかわからん練習コース、迷う心配などあろうはずも無いが、今は車が洪水状態で流れとてもじゃないが、R16は走る気になれない道路なのでパスして、はてどこ走るか考えて路面標識が示す、行き先眺めて判断しようと決めた。最初は狭山湖抜けからと決め、所沢街中でまずは昼食は海鮮サラダととろろそば併せて¥1641.いかした味で大満足した。

地図は眺めずR16走行だけ避け走行開始、路面標識で行き先決める走りに徹する。本日自宅直行帰りではなく♨️入浴疲労回復させ、帰宅は明日で隣の♨️施設がフリーのHラクシオイン泊り、道路標識行き先眺めての走行中、縁石低い箇所でハンドル切っての歩道進入に失敗、視力衰えで見間違え縁石低くなく立ち転け、自転車支えた状態のまま横転しタイツ膝頭破け、左足シューズ先端皮底の接着剥離で散々、3桁の数の転倒落車の経験で受け身は会得してるので、微傷で済んだけれど老年での落車は、大事に至ること多々あるが自転車共々無事で助かったよ。

夕方我が家から7km地点だが、行政上は町田市になる宿に到着、いつもコンテナ倉庫に預ける自転車、コンテナが工事用品満杯で、自転車はそのまま部屋に持ち込み下さいで転がしイン。提携の道路向こうの♨️ロコガーデン、身体打っているので夕食だけで済ませ入浴は遠慮した。

千葉駅前で初泊してから茨城県下を5泊の移動、昨日埼玉県入り大宮市に泊まり、本日町田市に泊まって明日帰宅する、8泊9日の今回のツアー走行距離500km越え、サクラの4月ツーリング予定これで全て完了。

来月は12日からの今回と同じく8泊9日旅だが、久しぶりに空路で九州へ飛び鹿児島県内を楽しむ予定です。

4/6 さいたま市へ

2019.04.11
古河駅裏からJR宇都宮線沿いの3桁県道走って、を利根川橋でR4号線に合流も土曜日が故か車道激混みで、側道を自走したけど車道は車列の停止状態が延々続き、自転車の方が全然速く走れてたので、車の運転手のストレス半端じゃなかったのではと同情したよ。

南中曽根からr2に分岐大宮公園で小休止、日進のスタジオ37サトーの酵素浴に立ち寄ろうと、地図読み直し向かったはずも電柱の日進表記、一度目にしたが以後ヒットせず南古谷駅前に出てしまい、地図広げるも戻る経路が読み取れず、3時間近く迷い鳩走行続け、やっとの事で日進駅前のお店に辿り着きドッと出た疲労感、幸い酵素浴で霧散したけれど、ここ再訪すればまた今回同様迷って、お店にまともには到着しないだろうと思った、それにしても日進町内って迷路の街並で、普通の人でも間違えるのではと思う、ましてや方向痴の俺っちなら迷って当然で、何の不思議も無く確実に鬼門になると思うよ。

店に連絡しておきながら、どんと遅れの到着で心配させて申し訳なかった、と反省したけど爺さんボケたと思われたかもな、酵素風呂で疲労回復させて、自転車留置き預け大宮市内の宿まで送られ、チェックインしてホテルレストランで遅い晩飯食べ始めたら、携帯SNS点滅見て応答すると何とLOOK岡やん、うな重馳走しますとフロントで待ち受けてたのよ、約束してたのにド忘れしてしまい、悪いことしてしまったけど、今更どうもならんので一緒に食べようと、騙くらかしホテル食誘いご相伴させてしまい、どうにか一件落着みたく相成ったが参ったわい。

夕方からのてんやわんやで大事な約束すっかり忘れてたお粗末、年老いるってこんなものなのか、それとも俺っちボケ症状の始まりか⁉︎まいずれ分かるかもな。岡やんすまなかった、今回あちこちでうな重食べて来たけど、俺っち街の重兵衛さんが一番美味いと思うので、今度俺っちが招待するので待っててや。

4/5 古河駅前BHへ

2019.04.11
新品のように綺麗に折りたたまれたジャージ類、手渡され温かい思いやりの心にジーンときた。大きな部屋にそぐわない小さなサイズのTV眺め、帰宅したら全く使っておらず放置の大型TV、送ってあげようと思い宿を後にした。

昨夜の晩飯めちゃ美味かったうな重に鯉の旨煮、誰か仲間にも体験させたいなあと考えながら走ってると、昨夕分岐したR6石岡で西方に向かうと筑波山、山越えはゴメンとR6そのまま土浦街中走って、r24に右折つくば学園都市を抜けることに決め、学園大通り筑波大前で見かけた大きな、うなぎ料亭松乃家に昼前だったのに吸い込まれるようイン、昼食上うな重¥3400.注文すると、座敷で待つ間次々に来客続き、これは期待できそうと脳内に伝わるも、紀州備長炭焼きの繁栄店も食したら、それほどでもなか区少しがっかりしたよ、それにしても日本人ってうなぎ好きが多いねえ。俺っちもこの6日間で4食食べてる他人事じゃないけどど‥

r24雰囲気最高の路面走り常磐自動車道をアンダーパス、r24は学園東大通り左折R408を横断20km程走行、孫兵衞新田でr20T字路信号に突き当たり右折、6km走った磯でr56つくば古河街道へ左分岐、柳橋SGでR4BPを横断つくば古河線から3桁県道r250走り今度はR4日光街道横断すると古河駅直前、宿泊ホテルエスハイドホテル古河駅前に到着。

今回の旅千葉市から成田市通り水郷大橋越えて、潮来市内でかんぽの宿、翌日北浦大橋渡って北浦両岸を北上し大洗町でもかんぽの宿の温泉楽しみ、さらに翌日東海村からシーサイドを北上、福島県境からちょい手前の磯原二ツ島、で翌日は内陸を南下霞ヶ浦石岡市高浜に泊まり、本日茨城県内横断走の感じで埼玉県境の古河市駅前BH泊まりで茨城県の旅は終了。

明日は県外へ出てさいたま市大宮なので、茨城の旅は本日で終了となるが、出発前日本全国で最も面白味薄い県かと判断してたが、立ち寄った理髪店と県下最後の宿泊宿体験で印象激変、御免なさい茨城県と謝罪したいと思います。


4/4 石岡市高浜の宿へ

2019.04.09
旅5日目は石岡市高浜の宿いずみ荘泊りで、前泊地北茨城市磯原町二ッ島は勿来関手前、福島県まで5km程の茨城県の最奥地、石岡市までは今回旅で最長の距離を走り、未体験の県道走行で内陸部へ向かうのを楽しみにしてたのに、常磐自動車道をアンダーパスしr10を南下走行し、r60へ右折する分岐路見落とし直進しR6に出てしまい、10km程の戻るを嫌ってR6そのまま直進、水戸市内へ向かうことに決めたが間違いだった。


車の通行量多い一桁国道は何としても避けるべきで、ここ走って水戸まで向かったため、歩道走行を中心の走行となり、車の切れ目見て全力疾走、大型の気配察知するや歩道逃げの繰り返し、日立市、東海村、ひたちなか、水戸で東関東自動車道をアンダーパスし、50kmオーバーする距離の国道走行を続けたのち、石岡から3桁県道を左手に分岐走行し、高浜駅前から恋瀬川沿い走るとすぐの宿に、17時過ぎになってやっと到着。

高浜駅近くのこの宿いまい荘、これが素晴らしい宿で大感動させられた、1年間に多い年で150泊、少ない年でも3桁の数の宿泊してる俺っちでも、今回の体験はこれまで初めてのこと、自転車どうするか思案してると、そのまま部屋に持ち込んで下さいで、2Fに上がるとシート敷いた広い自室の畳上に自転車留置よ。

夕食はうな重に鯉の甘露煮で美味満腹、我が家近くで食したら¥5000.以上は確実なのに、一泊二食ついて¥9828.の信じられない超廉価に仰天。洗濯物はすべてやってくれ、翌朝にはきれいに折りたたみ、手籠で渡され感動しっぱなし、見どころ走りどころ共に乏しいと、話が脳内で評価低かった茨城県でしたが、大変失礼いたしました今回のご接待で完全に見直しました。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ