北海道旅行終えて総括

2017.09.20
今回の北海道支部メンバーと交流の札幌ツアー、5泊6日で計画実行したが無事だったのは初日だけで、滞在全日雨に降られ帰京した最終日の羽田空港も雨降り、深夜便搭乗だったがいつも通り、空港ゲート先にある京急天空橋駅から、自走の予定だったがひどい雨降り、何処ぞ輪行で行ける、我家に少しでも近い場所まで向かい、そこから自走しようと予定変更、まずはリムジンバスの時間調べると、5分後立川行あるを知り発券所に向かうもクローズ、で思いついたのはモノレール浜松町から、JRに乗継ぎ東京駅から中央線、武蔵小金井まで行けるか三鷹だなと判断、ラス前山手線内回り電車に乗継ぎ東京駅、超長いエスカレーターで中央線ホーム、ラス前小金井行にぎり間に合い乗車、新宿駅で小田急終電遅れ待ち8分遅延発車、遅れそのまま引き継ぎ小金井駅到着午前1時25分、最終電車終了し駅舎大シャッター、駅員総出で監視閉まるのを初めて目にした。

後日後追いで時間経緯調べたら、まず羽田到着23:00のANA便が遅着、満員乗客の手荷物ターンテーブル止り、別なターンテーブルから輪行袋現れ、バス停に向かったのが23:40、京急リムジンバス発券終了で、方向転換終前モノレール乗車23:50→00:11浜松町着でJR山手線に乗換00:19→00:26東京駅、再度乗換えJR中央線00:28→01:17武蔵小金井駅到着。

近くのコンビニ覗くもレインズボンLLのみ、超短足俺っちでは子供と大人で敬遠、線路ガード下で輪行袋の自転車組立て、長袖ウインドブレーカーの上に雨合羽、タイツの上に薄手ズボン着用しソックスで絞る、大通り避け自走開始は02:00街中裏道土地勘走行で自宅目指す、21km走って03:20自宅到着で、天空橋から何時もの様に自走でも帰れた時間、でもあれこれ体験が皆さんに役立つはず、それに真夜中の河川敷走るのも?に思ったのよ。もしも次回あったら全自走してみるわ。

自転車物置に駐輪静かに家に進入、眠っている神さん起こさぬようシャワー浴び、2F居間に移動したら足元に収納されてた洗濯ハンガー、置き方悪く足に引っ掛り大きな音、頼みもせんのに目覚まし代用になり、気づかれてしまい気配りもおじゃん。

軽くお茶飲み寝床へ入って爆睡目覚めたのは午後、昼食食べて寛ぐも又また眠気催し再度寝室、神さんに呆れられる程眠りこけたけど、考えると良く眠れる事が体力回復に役立ってるのかと思う。詳細報告ブログアップ出来たのは更に一夜明けてから、今回の北海道ツアー、道警最高位を定年退職のマー君、同じく最高幹部から退官した極真師範の両巨頭との再会は何より嬉しく、また新外人マー君加入で懇親会が超盛上り楽しかった。

翌日からの3日間は楽しかった日の反動?楽あれ額ありで、連日酷い目にあってしまったが、仲間との集いの楽しさが強烈に脳裏に残り、足指の痛みが足首まで回り、ビッコで帰宅したがめげない爺さん本領発揮、足首痛めてから10日間を経過、足休ませる事が最善だったのか、かなり痛みが無くなり間もなく完治するかと思う。

午後オイルマッサージ終え帰宅、明日は注油したまま倉庫に放置の自転車整備、月曜日には歯医者の年1回の定期検診すませ、27日水曜日から山形県、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県を走行し10月4日帰宅する、7泊8日の旅が控えており楽しい限り。行程は9/27新幹線輪行八王子→かみのやま温泉駅〜長井市内〜裏磐梯休暇村〜郡山市内〜湯本♨️〜西西郷村〜宇都宮市内〜鶴ヶ島市内〜自走帰宅すると本年度114泊達成となる。                                                           


スポンサーサイト

9/16 新千歳空港から帰京

2017.09.19
朝から雨降り窓から見通せる海面では、雨量さっぱり分からず玄関陸地側覗くとじゃんじゃん降りよ。宿から雨合羽着用で走り出すも、自転車用なのでタイツ、ショーツが濡れ放題になってしまうので、コンビニで雨合羽ズボン物色も無し、仕方なく自転車雨合羽の上に、コンビニのレインコート¥480.着用、広がる裾はチューブで縛り走るへんてこスタイル。

海岸線を室蘭本線に沿って走るR36、幹線道路なので車の通行量多いので、歩道走行多用したが歩道が走り難いのよ、で真直ぐ道路車の切れ目で、車道に出たり引っ込んだり、走り方もへんてこならスタイルもへんてこ、それでも¥100ショップダイソー見つけイン、レインコートのズボンとエアー潤滑油購入¥216.レインコート捨て¥108.レインズボンに穿き替える。

雨も止みR36からr130に分岐、ホットしどこで自転車掃除するか考えながら走り、結局空港入口植込みで清掃、チェンに潤滑油吹付け終了、空港入口横で輪行袋詰め、3連休初日で超混雑ごった返す長蛇の保安検査から窓口へ、やはり全便満席に振替断念約5時間待ち、さて待ち時間を如何に過ごすか考えながら早めの夕食、食堂街をぶらつきすし屋花ぶさでみやび¥4410.奮発15貫は満腹も味はいまいち。

空港ビル4Fに新千歳空港♨️がある事に気付き、瑰泉同様岩盤浴もあるここで2〜3時間消費は可能と入場、入館料¥1500.と岩盤浴¥700.併せ¥2200.瑰泉同様ここも源泉運び湯、ごった返しの入浴客では湯も汚れてるはず、天然掛け流しとは訳が違う。3室ある岩盤浴は客人少なく1人だけで、温部屋で顔合う事無かった。万端終え退館したラスト1時間程はANAラウンジで時間費やしたが、ここもまた満席で俺っち坐らんでも、一向に気にならんが皆さんは、耐えられんようで座席探しに右往左往。

1日29便あるANA羽田便21時25分は、ラス前便なのにまだ空港は混雑状態、出発遅れ到着も遅れ羽田で輪行袋手にしたのは23時40分、55分発立川行きリムジンにギリ間に合ったっのに満席で発券終了。外はじゃんじゃん雨降り輪行で自走距離少なくと考え、躊躇せず最終モノレールに乗車浜松町へ、JRに乗換東京駅予測通り最終武蔵小金井行きに乗車、新宿で連絡小田急到着遅れで8分遅延出発、気配り日本人の面目躍如見習おうな。普段通過する大久保、東中野も停車するやさしさは感動もの、で最終小金井到着も遅れ引き継ぎ、25時半過ぎ全て降客待ち受け、駅舎大シャッター閉じ始発までお休み。

近くのコンビニのレインズボンLLサイズしか無く、購入止めタイツ上にズボン穿いて、足元ソックス中へ入れニッカポッカ状態、雨じゃんじゃん降り武蔵小金井駅前から、約20km先の我家方向面目指し裏道走行、貫井南町、新町、北山、富士見町で国立駅どうやら迂回走だが、ここまで来れば未知の道など皆無、旧マイショップシャッターのEDイラスト眺め、R20日野橋渡り自宅到着は日曜日未明4時近く、虎杖浜の宿を土曜10時に出発してから、18時間経過した少年爺の大冒険は終了。

本日走行距離85.6km 5日間全走行距離421.26km 6日間の旅で5日間雨降られるもめげない少年爺さんでした。

9/15 虎杖浜日帰り♨️Hいずみ

2017.09.18
リゾート♨️ホテル選択はベストだったと痛感、昨夜はやはり疲れたようで良く眠れ、6時目覚めもすっきり疲労回復、7時昨日一度しか体験してない1F大浴場へ向かう、広大な浴槽が幾つもある風呂天国、チェックアウト11時と遅く移動先も虎杖浜で遠く無いので、リゾートH滞在を満喫は食では無理なので♨️を楽しみ尽くそうと決め、大好き露天風呂へ向かうには1F大浴場から、何と裸のままEVでB1に向かうシステム、昨年度宿泊体験年間150泊、その他年も毎年100泊は下らないがこんな体験は初めての事。

向かった露天風呂がまた豪勢で大きな源泉岩風呂の他、森の散歩湯と名付けられたあるわあるわ4〜5人入れる円形や角形色付湯船が十個、リンゴ湯、ブルーベリー湯、柚子湯、もぐさ湯、アロエ湯、しょうぶ湯、しょうが湯、花香水湯、緑寿湯、源泉湯全ての湯船に3分浸かって30分、時間で入れ替る女性側にも別種の10湯あり、源泉湯のみ共通なので全19湯、宿泊中その気になればすべて体験できるとは…でその露天風呂だが入ったとき1人居た入浴客も、俺っちと入れ替えで去ったらその後誰も来ず貸切り占有だった。

朝食バイキングちょこっと食しはいつもの事でも、今回の宿は並ぶ品種が多彩で俺っち的には食べた方、遅いチェックアウトで11時近く、事前カード決済が主の俺っちには現金決済が難、昨夜預けた自転車手元に戻りH前11時、昨日の続き舗装路面良好なR453下り勾配走り出すやすぐの、札幌から103km標識過ぎるや大粒雨滴が降り出し、廃屋的建物軒下に逃げ込み雨合羽着用、やや小降りを待ち走行再開暫く走ると、何じゃ路面に雨の痕跡全く無し、更に走ると陽が射して来たので合羽リュックに収納。

左折登別♨️のr2に進入するとオロフレ峠14km標識あり、左手に農家レストラン看板丁度昼時にめしと思うも、走行後まだたった1時間の経過で先送り、道路工事中片側通行の場所過ぎると、上り勾配きつくなりAV一桁走行で、抜けるに2時間を想定も車の通行量極少は有難かった。

有難く無かったのはまた雨降りになり、合羽着用の走りになってしまったことで、速度遅く筋力等総動員してる上り勾配はまだ良かったが、速度速く筋力動員してない下り勾配は、気温低く濡れた身体は冷えきって寒かった、登別で国道に出てr2道々の走り終わったが、上りで下半身脚力を下りで上半身腕力酷使で指先手首に痛みで往生、道路向い側に見かけたレストラン北斗星にイン、普段注文しないかつカレー¥1080.食べたのも空腹感強かったため、腹減ってたので完食美味かった。

登別駅からすぐが宿だったのに、分岐路見落とし国道を5km近く直行戻るポカやってしまい、日帰り湯宿到着したら宿入口に自転車留置きさせてくれ、一晩中♨️入浴フリーはご機嫌で、洗濯機も貸してくれ楽々すみ助かった、廊下で出会った姫スタッフには感謝。

本日走行距離59.66km AV17.8km 4日間全走行距離335.11km


9/14 北湯沢♨️RHきたゆざわ

2017.09.18
札幌市内から小樽に向かうR5、定山渓から中山峠越えるR230、石狩へのR231も道央旭川へのR12、千歳へのR36も数回走っていて、残る未走国道はR453だけなので、本日はどうしてもR453支笏湖回りで、宿泊地の北湯沢♨️までを走りたかった。持参の20万分1地図では細部全く読めず、どう走ったら目標R453に進入するかが大問題だった。

ところが本日R230で帰郷する木古内〒マン、R453が並走し続けるので真駒内まで、送ってくれたので大助かり。目的道路に出るまで迷走する事も無く、自走するR453真駒内まで輪行で向かえ感謝。で札幌から11km地点標識から9時半に自走開始、直ぐ先芸術の森美術館で9時40分、開門直前の庭内に進入するも、先の行程考え時間に余裕無く断念。

長い上り勾配走り支笏湖が見え始め、恵庭岳麓の湖畔幌美内で昼食は湖産魚のフライ丼、平日で観光客の姿見かけず天気もぱっとせず、上りで使った足休め小休止後出発、フラットの湖面道路走り暫くすると、苫小牧からのR276が合流重複路となるや、大型車両の通過が目立ち出す。俄然走り難くなり更に天気の様子も?となり、トンネル抜け上り勾配になるや急激な雨粒に叩かれ、路肩に見かけた休憩所屋根下に急ぎ逃げ込む。

雨宿り小降になるを待ち合羽着用再出発、一度止んだ雨も再度降り出すと、もう止まる事無く降り続き道の駅も停車せず、ただひたすら宿に向かう、重複国道は倶知安方向に向かうR276は右方へ分岐、R453は洞爺湖方面に左折で路面良くなり、通過車両も激減下り勾配に速度上げる、体感温度完全に一桁寒い事この上無し、北沢温泉郷に進入しホッとした。

緑の国リゾートきたゆざわは森の中にあるビッグホテル、念のためフロントに立寄リ確認すると、森の中更に奥にある同じ建物と判明、再度自走し別棟目指すと若いスタッフがタオル持って出迎え、寒さに震えながらチェックインすませ、自転車はフロントで預かりますと流石別格ホテルは応対が違うわ。

部屋も豪勢な部屋で貰った古新聞で濡れたシューズ中を脱水、♨️で疲れ癒しコインランドリーで洗濯、いつもだと夜半再入浴が普通だが、疲れすぎたか本日再度風呂浴びる気がしなかった。夕食も信州蓼科瀧の湯も及ばない、豪華なバイキングだったが俺っち食べられたのはせいぜい¥1000,ほど、バイキングって必ずホテル勝ちだね、ホテルが悲鳴上げるほど食べてる人ってまだ見た事無い。一泊二食付き¥20520.

本日走行距離89,13km AV16,8km 3日間合計走行距離276,11km

9/13 仲間と手稲山へ上る

2017.09.18
イトマン声掛けで道内仲間が結集、極真空手の師範元署長も顔見せ、退職後初顔合わせ低い迫力ある声は健在だった。数カ所で合流したメンバーは、昨日博物館にガイドしてくれた運転手、この人元MTBライダーでイトマン伝道師に出会ってロードに転向、デタチャイ車(神宮店購入)に乗り替わり参加、木古内からのファイアマンと〒マンにマー君に加えて、イトマンがサイクリング中知合い声掛けた、自転車大好き外人スコットランドのマードック、大略するとこの人もマー君じゃん、外人だから外人マー君だな。

例によって勤務地から領外へ出ないを信条のイトマン残し、木古内2人にマー君2人と師範と転向に俺っち加え計7人でのサイクリングスタート、目的地は手稲山ハイランドスキー場登坂、師範先導で登坂路まで向い、脇道激坂を登坂開始した木古内2人、外人マー君と別れ残る4名本道から登坂開始、心臓手術後無理できない師範マイペース、前方で突然ピッチ上がったマー君だったが、実はチェン落としたミス眺め横通過、前方転向君が走る姿眺めマイペース追走、距離間隔40クランクは暫時のち再測50クランクと離される、坂がどの程度続くのか詳細全く分からずも、これ以上離されぬよう走り続け、目測できる場所で計測すると40クランクに戻り、更に30クランクと間隔狭まり相手ペース落ち千切られる心配無くなる。

時折足止めるペダリングに?同じ速度で走りながら横追抜くも反応無し、前方に合流点あるようで木古内2人の姿相次ぎ目視も、外人マー君姿無しも走りから見て先行と判断、ややペース上げ追走スタイルに〒マン捉え、気付いてペース上げたファイアマン並ぶと失速、落ちたよと声掛けペース上げ、見えない先行車追走も一向に姿無く終点ヒュッテ目に入り、停車して歩き小屋へ向かう外人マー君姿目視、近づくと気付いた彼が驚嘆の声あげ喜び、携帯自撮りのツーショット所望。言葉の壁無ければ、語り合えるのに残念よな、これまで数知れず体験した事の繰返し。

下り道引返し遅い昼食札幌市内食べ、小野サイクルに立寄り社長に挨拶、店員からその昔レース参加で必要だった部品、大会に間に合うよう送ってもらえ助かったと感謝された、俺っち応対と言われたが遠い昔のこと記憶に残ってないが何れにしても感謝され嬉しかった。

ショップからの帰路師範から先導マー君に変わると、雨降りだし街中6車で疾走急ぐ走りに、しまなみ海道も体験したマー君脚力向上を実感、一皮むけた感じ結構なこと、来夏富士山見物を餌にぜひ石和砦に誘いたいものよ。

夕食は全メンバーに外人マー君奥方加わり、超楽しい宴会で時間忘れるほど盛り上がり、大喜びで外人マー君クラブ入り。この人世界あちこち回る出稼ぎドラマーで奥方は英会話とヨガ教室の先生とか、通訳ありの宴席になり盛り上がったのは良かった。

本日走行距離92.78km AV19.6km 4時間43秒47分 2日間走行距離186.98km
カテゴリー
最近の記事
過去ログ